スター・ウォーズ最新作「The Force Awakens」特報解禁、世界中の反応は?

AOLニュース / 2014年11月29日 23時40分

スター・ウォーズ最新作「The Force Awakens」特報解禁、世界中の反応は?


ファン待望の「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「STAR WARS : THE FORCE AWAKENS(原題)」の特報が11月29日ネット上で解禁された。


JJエイブラムス監督が手がける最新作はエピソード6から30年後の世界を描いたものでルーク、レイア姫、ハン・ソロなどお馴染みのキャラクターはオリジナル・キャストが演じ、新たにデイジー・ライドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、ルピタ・ニョンゴ、グェンドリン・クリスティー、オスカー・アイザック、アンディ・サーキス、ドーナル・グリーソン、マックス・フォン・シドーなどが新たなキャストに加わる。

1分28秒の映像、冒頭から新キャストのジョン・ボイエガが登場、R2-D2風の頭にボールのようなドロイド、USBメモリーみたいな形をした乗り物にのるデイジー・ライドリー、帝国軍兵士たち、Xウィング・スターファイター、ミレニアム・ファルコン、赤い十字形のライトセイバーなど、新キャストとシリーズを象徴するシンボルが断片的に詰め込まれている。

【動画】http://youtu.be/erLk59H86ww
<関連動画はこちら>

ネット上での映像への反応も様々だ。「思ったより映像が貧弱だった」という意見に対しては「近年のシリーズがCG全盛の映像だったから多様し過ぎていた感がある、ある意味原点の特撮的な要素も盛り込んだ軌道修正に感じられる」という書き込みも。
今回の予告編「余りにも小出し過ぎこれだけじゃ何も判らないよ」との不満の声もあるが「ここ最近の予告の煽りっぷりを考えたら今回のは少し誇大広告を抑えた感じで期待が持てる、随分本編を見てガッカリしたからね」などなど。

JJエイブラムス監督がはじめて担当することに関しては「僕はエイブラムスのこのプロジェクトに興奮しているよ。仮に脚本がクソでも彼はそこそこいい映画に仕上げてくるから」など、過去の彼の手がけた作品からハズレは無いだろうとの見解だ。

いずれにしても待望のシリーズ多くの人は新しい監督による「スター・ウォーズ」に期待を寄せているようだ。

「Star Wars : The Force Awakens」は、2015年12月18日(金)全世界同時公開予定となっている。

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング