【衆議院選挙】石川2区の候補が「大量虐殺」「皆殺し」をスローガンに掲げネットで話題に

AOLニュース / 2014年12月10日 12時5分


今月14日の衆議院議員総選挙も終盤に差し掛かっているが、石川2区で立候補している浜崎茂氏のメッセージが「怖すぎる」とネット上で話題となっている。

今回の選挙で浜崎氏が真っ先に掲げているスローガンが「大量虐殺」や「皆殺し」。選挙公報へ掲載したメッセージは、
「愛を知る世界中の人々、自殺・犯罪・戦争等でこの世に怨念を残して亡くなった人々、そして地球上のあらゆる生命が支持する政策公約(世界の基軸通貨ドルに記される予言)大量虐殺」
「選挙公報すら読まず 一円のお金すら出さず カルト教団と同じ 盲目的集団心理と私欲で 投票し続ける悪質な人間は世界を支配する闇の組織 フリーメイソン・イルーミナティが 地球救済と新世界秩序のために 国・企業団体トップを洗脳し 茶番を演じさせた後必ず 皆殺しにする】
「核シェルターは現代のノアの方舟 真に新しい未来の到達はすべて 破壊からはじまる」
というものだ。

ネットでも「陰謀論を地で行く奴だな」とこの深夜アニメのセリフのような公約?に反応。「写真見るとすごく睨みつけててる」「怖すぎ」「笑えるやつかと思えば笑えないやつだった」など、怖いという意見が並ぶ。
また、衆議院の選挙区での供託金は300万円かかるため「タダじゃないのによくやるよな...」「金持ちの暇つぶしだな」といった冷ややかなコメントも。

以前の参議院選挙の際は「金にまつわる問題を真面目に考えない有権者が、金にまつわる問題を真面目に考えない政治家を選ぶから、借金が膨らみ続ける」など比較的真っ当なメッセージを掲げていた浜崎候補。今回の衆議院選挙では、壮大なる陰謀論と皆殺しをスローガンに掲げ選挙戦を戦っている。

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング