トイレットペーパーを最低1日1ロール食べてしまう母親が話題に

AOLニュース / 2014年12月12日 12時50分

トイレットペーパーを最低1日1ロール食べてしまう母親が話題に


世の中には実に奇妙な行為を好んでやまない人が多数存在しているが、5児の母、ジェイド・シルベスターさん(25歳)は、まさにそんな変わった行動にハマリ続けている人物の1人だ。



実は彼女、一番下の子を妊娠した際に、なぜかトイレットペーパーを食べたいという衝動に駆られ、ためしに口にしてみたところ、これがなかなかの美味。それ以来、トイレットペーパーを食べることが病みつきになってしまい、最低でも毎日1ロール程度は食べないと気がすまないような有様となってしまったという。

「...どちらかというと乾燥しているのが好き。繊維の質感を口の中で感じるのがタマらないの!」と、自らの奇行について、目を輝かせつつ興奮気味に語る彼女。どうしてこんなことになってしまったのかは、当の彼女自身もわからないらしい。

文・藤井一成

【参照リンク】
Woman who can't stop eating TOILET PAPER says ''I like to feel the texture in my mouth'' Mirror
http://www.mirror.co.uk/news/real-life-stories/woman-who-cant-stop-eating-4780944 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング