iTunesで即1位!相次ぐ絶賛!ディアンジェロ14年ぶり新作に音楽ファンがお祭り騒ぎなワケ

AOLニュース / 2014年12月18日 12時0分

iTunesで即1位!相次ぐ絶賛!ディアンジェロ14年ぶり新作に音楽ファンがお祭り騒ぎなワケ


もちろん日本人も含め、世界中のブラックミュージックファンのあいだでちょっとした"お祭り騒ぎ"が起きている。あるひとりのアーティストがニューアルバムをリリースしただけで、だ。




そのアーティストの名は、ディアンジェロ。12月15日、バンドを含めた「D'Angelo and TheVanguard」の名義でリリースされたニューアルバム『Black Messiah(ブラック・メサイア)』は、彼にとって実に14年ぶりのオリジナルアルバムだ。

今回のリリースにあたって、音楽メディアや販売店では「緊急発売」という言葉が使われているが、この"緊急"というのは、広告・宣伝にありがちな使われ方の煽り文句ではない。そのまんまの意味合いだ。

今年2014年、「年内に確実にリリースされる」と言われていた新作は一向にリリースされる気配はなく、年の瀬の12月まできてしまったが、12月11日、彼のマネージャーによってYouTubeに新作発売をうかがわせるティザー映像が突然公開され、日本時間13日には、Twitter上に完成したアルバム現物の写真がアップされた。

そして15日、息つく間もなくリリースされたというわけである。日本では16日現在、iTunesストアなどでの配信リリースのみとなっているが、近日中にCD(ひとまず、輸入盤)も販売される予定だ。ただし、それもあくまで"予定"。16日、某大手CDショップにてスタッフにCD入荷予定を聞いたところ、笑いながら、「ディアンジェロのことですから、あくまで予定としか言えませんが、来週には入ってくる予定です」と話していた。

日本の音楽市場ではまずありえない、この「あくまで予定」という言葉。14年も新作を待たせ続けたディアンジェロだからこそ通用する言葉だ。全く気にしていないわけではないだろうが、"売上"などとは無縁のベクトルで話が進んでいるように思える。

ただし、16日付のiTunesストア(日本版)では、同アルバムは早くも総合アルバムチャート1位となっている。海外男性R&Bアーティストのアルバムが日本で総合1位になることは、きわめて稀だ。



2000年に発売された前作『Voodoo』は、「20世紀最後にして最強の名盤」という評価が世界的に定着しているR&Bアルバム。デビューアルバムである『Brown Sugar』(1995年)から5年の歳月を経て出されたこのアルバムは、数多くの音楽評論家やアーティストが高く評価していることはもちろんだが、ネット上でも興味深い数字が見られる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング