タニタ監修、一食300kcal台のお弁当が発売 正月太っちゃった人もこれで挽回だ!

AOLニュース / 2015年1月8日 11時30分

タニタ監修、一食300kcal台のお弁当が発売 正月太っちゃった人もこれで挽回だ!


ついつい暴飲暴食してしまいがちな年末の忘年会シーズンから続けざまにお正月、ということで、この時期しっかり体重が増えてしまった人に朗報だ。体重計や健康器具で有名な「タニタ」監修の"300kcal台お弁当"が販売されるという。


タニタといえば、社員の健康を管理するために設けた社員食堂が、栄養が考えられているのはもちろん、美味しさ&満足感共にたっぷり、それでいて1定食あたり締めて500kcal前後である素晴らしすぎる内容が話題にもなったが、そんなタニタ監修のお弁当とあれば、食生活に敏感な人、最近メタボが気になっている人など、気になる人も多いはず。

今回販売されるお弁当は、持ち帰り弁当チェーン「ほっともっと」で<東京限定>で展開されるのだが、全3種類、どれも1食あたり500kcalを切り、3g以下に抑えた塩分、約130gのたっぷり野菜を使用した、健康的でおいしいお弁当であるのが特徴だそう。

気になるメニューのラインナップだが、「鶏肉と野菜のさっぱり甘酢あんかけ」「豚肉とたっぷり野菜の八宝菜」「いかと彩り野菜のカレー炒め」で、日替わりで販売されるそうだ。

どれも税込550円と、体だけでなくお財布にも優しいこのタニタ監修弁当。1月13日から販売されるそうなので、気になる方はぜひほっともっとに走ってみてはいかがだろうか。

■参照リンク
Hotto Motto タニタ監修弁当(東京限定

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング