『毒島ゆり子』前田敦子演じるヒロインのクズっぷりが話題に 「イライラするけど観てしまう」

AOLニュース / 2016年5月5日 12時0分

『毒島ゆり子』前田敦子演じるヒロインのクズっぷりが話題に 「イライラするけど観てしまう」


前田敦子主演のドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS)第3話が放送された5月4日深夜、視聴者の間では、前田演じる主人公、新聞記者・ゆり子の、あまりにワガママすぎる言動が話題となった。


第2話までの放送で、「二股マスト」の肉食系女子・ゆり子は、恋人・美登里(渡辺大知)のほかにも、ライバル紙のエース記者・小津(新井浩文)と不倫関係に陥ってしまったり、そればかりか、ジムのインストラクターである男性とゆきずりの関係を持つなど、二股どころか三股状態に突入していた。そんな矢先、小津と逢っているところに鉢合わせた美登里から突然の別れを告げられたゆり子は、彼との想い出を振り返り、懸命にその関係を修復しようと試みる。しかし、美登里は彼女が「二股もやめない」「自分とも別れない」という考えを持っていることを悟り、交際を続けるのであれば二股をやめるよう、条件を突きつけた。ゆり子は、その要求を、思いのほかアッサリと了承するが、その返事とは裏腹に、どうも怪しい雰囲気を見せる。

そのため、こうした彼女の言動を観たネット上の男性視聴者からは「おいおいとんでもねえクズ女だなwwww」「こいつが二股やめるなんて絶対ないw」「親の不倫を言い訳にするとか意味わかんない」「まともな人間が一人もおらんというマジキチワールドwww」「前代未聞のクズヒロインwww」「一番ナメてた美登里にクリティカルダメージを食らうというメシウマ展開www」「ホント毎回イライラするけど観てしまうわw」といった声が相次いだ。

こうしたゆり子のパーソナリティのほかにも、初回の放送からあまりに過激なラブシーンが立て続けに登場して話題となるなど、なにかにつけて注目を集める本作。果たして次回は彼女がどのような行動をとるのか、なんとも気になるところだ。

https://youtu.be/gxvz4ZSHTN8
<関連動画はこちら>

■参照リンク
『毒島ゆり子のせきらら日記』公式サイト(水曜深夜0時10分からTBS系列にて放送)
www.tbs.co.jp/busujima/

■今月のAOL特集
キム・カーダシアン、セクシーすぎるセルフィー史【フォト集】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング