米音楽番組「ソウルトレイン」の元司会者ドン・コーネリアス死去

AOL ミュージック / 2012年2月2日 16時20分

米音楽番組「ソウルトレイン」の元司会者ドン・コーネリアス死去

Filed under: ニュース, theBoomBox, お悔やみ, Hip Hop・R&B

35年間放送されていたアメリカの音楽番組「ソウルトレイン」の創設者でもあり、司会者でもあったドン・コーネリアスが1日、ロサンゼルスにある自宅で死亡しているところを発見された。享年75歳。

<The Los Angeles Times>の報道によると、同日の早朝4時頃、警察がドンの自宅に到着。現場検証を行ったが、争った形跡などが見られないため、銃による自殺ではないかと推測しているようだ。

ドンは1970年に「ソウルトレイン」をスタートさせて以来、1993年まで司会者として番組を支えてきた。彼は番組を通して、R&B、ソウル、ファンク、ヒップホップといったジャンルのスターたちを視聴者に紹介し、アレサ・フランクリンやスティービー・ワンダー、バリー・ホワイト、ヘヴィ・D、アイス-Tといった多くのアーティストに活躍の場を与え、ブラック・ミュージックを浸透させた立役者的な存在なのである。彼がいなければ脚光を浴びることのなかったスターたちは数多くいるだろう。

ドンは司会者を引退してから総合プロデューサーに専念。その後、番組は2006年まで続いていた。放送開始当時は、ジェームス・ブラウンやマーヴィン・ゲイ、ジャクソン・ファイブなどが出演し、黒人音楽を中心に紹介していたが、その後はエルトン・ジョンやデビット・ボウイなど白人のアーティストも出演するように。ジャンルを飛び越えて、世界的なディスコ・ブームを巻き起こすきっかけを作った伝説的な番組である。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング