グラミー史上初! 会場屋外にダンス・テントを設置

AOL ミュージック / 2012年2月8日 16時0分

Filed under: ニュース, Spinner, Foo Fighters, Chris Brown, ダンス・エレクトロ, Lil' Wayne, アワード, 第54回グラミー賞

グラミー賞のプロデューサー、ケン・エヘルリッヒは、過去にもダンス/エレクトロニカ・アーティストに授賞式でパフォーマンスしてもらうことを検討していたが、やはりあのフロアの興奮と熱狂を、席に着いた観客を前に再現する方法が見つからなかったために断念し続けてきたのだという。そして今年、彼はついに画期的な解決法を思いついたようだ。

その解決法とは、会場であるステイプルス・センターの屋外に特設テントを設けること。ノミニーであるDeadmau5とフー・ファイターズ、クリス・ブラウン、リル・ウェインとデヴィッド・グエッタらの強力タッグがその場所で、1000人のオーディエンスを前にパフォーマンスを行うのである。「ただ座っているだけじゃなくて、一般オーディエンスを音楽の真っただ中に放り込みたいんだ」というエヘルリッヒのアイディアによるものだ。

グラミーでは、2003年にダンス・ミュージック部門が始まったばかりで歴史がまだまだ浅い。エヘルリッヒは「私が思うにダンス・ミュージックは、実際にフロアに身を投じてダンスすることによって、その本当の魅力を感じることができるものなんだ。観客席前のステージで演奏したとして、果たしてそれが伝わるのかどうかとずっと疑問だった。今回このやり方を思いついて実行するわけだけれど、ダンス・アクトのパフォーマンスを試みた時に、正直これ以外の方法で成功できるとは思えないんだ。ステイプルス・センターの屋外で行なわれたパフォーマンスの中で最も野心的で冒険心の溢れる試みになるよ」と自信を覗かせている。

当日は観客目線で少なくとも4台のカメラが設置され、奇跡の豪華競演が実現する。エヘルリッヒの新たな試みは、グラミー賞の歴史に新しい風を吹き込むだろう。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング