プロになる夢さえなかったの...アデル AOL独占インタビュー

AOL ミュージック / 2012年2月9日 21時0分

プロになる夢さえなかったの...アデル AOL独占インタビュー

Filed under: インタビュー, Adele, ポップス, ロック, アワード, 第54回グラミー賞, AOL Sessions


いよいよ日本時間2月13日(月)に開催されるグラミー賞受賞式。今回の授賞式の注目の的となっているアデルの、昨年アルバム「21」発売の際に収録された貴重なAOL独占動画インタビューが、満を持して日本でも公開されました。リラックスしたムードの中、彼女の内面や曲に込めた思いを率直に語ってくれています。

AOL Sessions インタビュー : アデル


-新アルバムで かなり個人的な曲が書けたことは自分でも驚きだった?

10代でアルバムを作ってた頃は後悔なんてしたことなくて全てを知ったつもりでいたわ。
いろいろ歌にもしたけど過去の恋愛が私を成長させたのね。よく酔った勢いで日記を書いてたわ。酔うと正直になれたの。
そして翌朝現実に戻って読み返す。いつもひどい二日酔いよ。
自分に対する正直な気持ちを吸収しようとしてた。体調のせいで今回のアルバム制作に不安はあったけど自分を見つめ直したい一心で取り組んだ。このアルバムは新しい私を見つけるためのものだったわ。

-自分の歌声が人に影響を与えたと実感する瞬間は?

私は自分を歌手だと思ってないの。歌手っていうのは往年のエタ・ジェームズやビリー・ホリデイのことをいうのよ。私の声なんて到底及ばないわ。
私がデビューできたのはほんと偶然なのよ。歌うのは大好きだったけど仕事にしようなんて思わなかったわ。家族や友達の前でたまに歌うぐらいのつもりでいた。プロになる夢さえなかったの。夢はかなわないものだって思ってたからね。

(以上、動画インタビューより一部抜粋)

■アデル『21』
■発売日: 2011年1月19日(木)
■価格:  2,490円(税込)
■商品番号: BGJ10107
HMVで購入する

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング