ブラック・サバス再編! 'オジー&フレンズ'としてツアー敢行予定

AOL ミュージック / 2012年2月20日 16時40分

Filed under: ニュース, NOISECREEP, Black Sabbath, コンサート・フェスティバル, 結成・解散, メタル

昨年オリジナル・ラインナップでの再結成を発表したブラック・サバスだが、その発表直後にギタリストのトニー・アイオミがリンパ腫を患っていることが発覚し、周囲は戸惑っていた。そして今回ついにバンドは、彼の闘病のために当初の予定を変更せざるを得ないという決断に至ったようだ。

ブラック・サバスとしては6月に行なわれるイギリスでのダウンロード・フェスへの出演のみで、その他ブラック・サバスとして行なう予定だったツアーの日程はプロモーターたちへの配慮などもあり、全てオジー&フレンズ名義で公演を行うことになった。

ベーシストのギーザー・バトラーがスペシャルゲストとしてツアーに参加する予定で、トニー・アイオミに捧げる予定だというブラック・サバスのトリビュート・セットも演奏するようだ。他には長年オジーの右腕を務めてきたギタリストのザック・ワイルドも帯同、さらに付き合いも長く何度もコラボを重ねてきたスラッシュも要所要所で参加するとのことだ。

トニー自身も現在順調に治療を行なっているらしく、ツアーに参戦できるよう準備を進めているとのことだ。ブラック・サバス自体は今後もレコーディングを続ける予定とのこと。ドラマーのビル・ワードの離脱など、この再結成プロジェクトには様々な障害があり、非常に残念なことにやむを得ず計画自体を変更しなければならなくなってしまった。しかし図らずも今回 "オジー&フレンズ" としてオジーのキャリアを総括するような面子が集結するということに関していえば、これはこれでまたとない豪華な企画になったといえるだろう。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング