フィオナ・アップル、ニュー・アルバムのタイトルを発表! 前作に続き今回も超長!!

AOL ミュージック / 2012年3月12日 17時0分

Filed under: ニュース, Spinner, リリース, ロック

フィオナ・アップルがついに新しいアルバムのタイトルを発表した。2005年にリリースしたのアルバムに続いて、今回も超絶に長〜いタイトルであるようだ。

タイトルが異常に長いことで有名になった彼女の前作の正式なものは、『When the pawn hits the conflicts he thinks like a king/What he knows throws the blows when he goes to the fight / And he'll win the whole thing 'fore he enters the ring / There's no body to batter when your mind is your might / So when you go solo, you hold your own hand / And remember that depth is the greatest of heights / And if you know where you stand, then you know where to land / And if you fall it won't matter, cause you'll know that you're right,』。世界最長タイトルのギネス記録を持つチャンバワンバのアルバム・タイトルに次ぐ長さだ。

そして今回のタイトルは『The Idler Wheel is wiser than the Driver of the Screw, and Whipping Cords will serve you more than Ropes will ever do』だという。前回に比べれば随分短くはなったのだが、それでも十分息継ぎの必要な長さである。

レッチリの最新作『I'm With You』の元のタイトルが実は『Dr. Johnny Skinz's Disproportionately Rambunctious Polar Express Machine-Head』という長いものだったというのも有名な話だが、長過ぎるということで結局のところ簡潔なものに落ち着いた。しかし頑固なフィオナが果たしてタイトルを変更するかどうかは微妙なところである。フィオナ曰く、今作は既に「1年以上も前に完成していた」ものであるらしく、この長いタイトルは、中々リリースしようとしなかったレーベルへの当てつけなのではとの見方もあるので、なおさらの話だ。プロモーションする人もレコードショップの店員もファンをも悩ませてしまうタイトルの長さ。このままリリースされたとして、果たしてどれだけの人が覚えるのだろう。

なお、オースティンで開催されるSXSWに出演するフィオナ、ニュー・アルバムの曲はそこで披露する予定らしい。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング