ジョン・メイヤー、喉の不調からツアーをキャンセル

AOL ミュージック / 2012年3月15日 17時0分

Filed under: ニュース, AOL Music Blog, 病気・ケガ, ロック

ジョン・メイヤーが、過去に痛めていた喉の肉芽腫を悪化させ、今年のスプリングツアーを全てキャンセルしたことが明らかになった。

ジョンは昨秋に肉芽腫を取り除く手術を受けており、完全復帰が見込まれていたが、状況が悪化したため、2年ぶりのアメリカツアーを全てキャンセルすることになった。

メイヤーは自身のホームページ上で「リハーサル中にどうも喉の調子がおかしいと思ったから、医者に診てもらうことにした。医者の診断では、治ったと思われた肉芽腫がまた悪化しているということだったので、無期限の休養に入ることにした。完全に治る日が来ると思っているけれど、予想以上に長くなると思う...。手術を受けることになるし、化学物質を使用することになるので、復帰の日がいつになるかについては慎重に発言する必要があることを理解してもらえればと思っている。今は気持ちの部分でかなり落ち込んでいるけれど、この病気について僕がかなりしっかりと取り組んできたことと、そして演奏できないことで僕が凄く落ち込んでいることを理解してほしい。僕を観たいと思っていた人たちのことを思うと本当に気分が滅入ってしまう。ただ、人生は長いし、状況がどうであろうと音楽を作れるという神様からの贈り物に感謝することが、僕にとっての唯一の救いだ」と長文のメッセージを発表している。

今回のツアーはキャンセルとなったが、ニューアルバム『Born & Raised』は予定通り5月22日に発売される予定になっている。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング