SXSWに出演する奇妙な名前のバンド11組

AOL ミュージック / 2012年3月16日 16時20分

Filed under: ニュース, Spinner, コンサート・フェスティバル

SXSWに参加している人たちはどのスケジュールをチェックして、自分のお気に入りのバンドが見られるパーティーへ参加するかできるかどうか、そしてフリーフード/ドリンクを得ることができるかどうかに頭を悩ませている。しかし、ブルース・スプリングスティーン、ビッグスター、そしてジーザス・アンド・メリーチェインが同じ日にプレイし、尚且つ各会場に入ることが厳しいと分かった場合は、他に向かうのが得策だろう。

代わりにASAPロッキーやケーブマンのような次世代のバンド、もしくはカイザー・チーフスやテンパー・トラップをチェックすれば、十分に満足できるだろう。しかし、驚きが足りないかもしれない。

そんな時は、How I Quit CrackやPuffy Areolas、Moomen on the Moon, Man、B L A K I E ALL CAPS WITH SPACESのような新しいバンド、またはA Great Big Pile of Leaves、Gay Witch Abortion、Jingle Punks Hipster Orchestraなど、変わった名前のバンドで冒険をしてみるのが良いだろう。いきなり変なバンド名に出会う、これぞSXSWエクスペリエンスと言えるだろう。

更に<Spinner>ではSXSW 2012に出演する変わった名前のバンド11組を以下に選出した。

Diarrhea Planet (下痢の惑星)
Bitches(ビッチズ)
Cassette won't listen(カセットは聴かない)
Delicate Steve(デリケートなスティーブ)
DJ Jester the Filipino Fist (DJ道化師+フィリピンの拳)
I Hate Our Freedom(僕は自由が嫌いだ)
Not in the Face!(顔はやめて!)
Terror Pigeon Dance Revolt(恐怖ハトのダンスの反乱)
Unicycle Loves You(一輪車は君のことを愛している)
Wheelchair Sports Camp(車いすスポーツキャンプ)
Letting Up Despite Great Faults(大間違いだけど寛大になろう)

【関連記事】

AOL ミュージック

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング