クラッシュのミック・ジョーンズ、「ロック図書館」でコレクションを公開!

AOL ミュージック / 2012年3月20日 16時40分

Filed under: ニュース, Spinner, ロック, The Clash

クラッシュのギタリスト、ミック・ジョーンズが"ロックンロール・ライブラリー"と題された展示をロンドンで開催、そのキャリアの間に収集したコレクションを一般に公開している。

展示されているのは、クラッシュがステージ上で実際に着ていた衣装や、個人的にコレクションしていたファンジンや歌詞を書き付けた紙など実に1万点。さらに展示場所は"ジョー・ストラマー・サブウェイ"と名付けられたところで、ここは実際にジョーが70年代に演奏をしていた場所だ。

「個人的にあまりにたくさんの貴重な品を所有しているので、皆とそれらをシェアできたら素敵だろうなと思って始めたんだ。最終的には、パーマネントな場所で図書館のようにして展示できるようになれればいいね。近年あまりにも多くの図書館が閉館に追いやられてるのもあるから、歴史や教育に有益な図書館を開設できたら非常に有意義なんじゃないかと思っている」と、ミック。「子供の頃から始まって、1人の音楽ファンとしてコレクションしてきたものが今や社会的にも重要な文化遺産になったんだ」。

2010年には元クラッシュのポール・シムノンとともに、ゴリラズとツアーを敢行したミック。現在はポールとともにクラッシュの名作『ロンドン・コーリング』の制作時にまつわる伝記映画の企画に着手しているという。これには2人ともエグゼクティブ・プロデューサーとして関わっているそうで、こちらもファンには楽しみなニュースだ。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング