ホイットニー・ヒューストンの死因が明らかに

AOL ミュージック / 2012年3月26日 16時0分

ホイットニー・ヒューストンの死因が明らかに

Filed under: ニュース, Spinner, Whitney Houston, ドラッグ・アルコール, お悔やみ, Hip Hop・R&B

2月11日に亡くなったホイットニー・ヒューストンの死因が公式に発表された。

米ロサンゼルス郡検視局の発表によると、ホイットニーの死はアテローム硬化性心疾患と、コカインの摂取によってもたらされたものだという

報告結果によると、ホイットニーの体内にあったコカインと特定の代謝物質が彼女に死をもたらしたもので、他にもマリファナ、抗不安薬、筋弛緩薬、抗ヒスタミン剤(時に睡眠剤としても利用される)なども体内から検出されたが、それらは直接の死因に至らないようだ。

なお、検死は彼女が亡くなった翌日に行われたものである。米ロサンゼルス郡検視局ジョン ・ケーディス氏がその時の明らかにした内容によれば、当時ホイットニーの身体には事件性を疑わされるような誰かと争ったような形跡や、精神的なショックを受けたという明らかな兆候は見受けられなかったとのことだ。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング