マーシャル・アンプの創設者、ジム・マーシャルが死去

AOL ミュージック / 2012年4月9日 17時0分

Filed under: ニュース, Spinner, お悔やみ, ロック

ロック・ギターアンプの代名詞、マーシャル・アンプの産みの親、ジム・マーシャル氏が現地時間の4月5日の朝、イングランドの療養所で逝去した。享年88歳、死因は癌と複数の発作であった。

1962年にマーシャル・アンプを開発したジムは、敬愛を込めて"ラウドの父"とも呼ばれるロック史に欠かせない人物であった。マーシャル・アンプのオフィシャル・ウェブサイトには、「ロック・ギターを現在の姿たらしめた"フォア・ファーザーズ"(レオ・フェンダー、レス・ポール、セス・ラヴァートジムを含む4人)の1人となったジム。彼の作ったアンプは数えきれない程多くのギターヒーロー達や歴史的なバンド達に愛されてきた。しかしその一方で本人は、人知れず何百ポンドというお金を何十年もの長きに渡って各地の慈善事業や貧困地域などに寄付してきたんだ。至って謙虚で、そして親切な人物であった」と彼の功績だけでなく、人柄にも敬意を表した追悼文が掲載されている。

60年代から今日に至るまでマーシャル・アンプは、人気が衰えることも無く、多くのミュージシャン達に愛用されてきたわけだが、そのミュージシャンの1人であるガンズ&ローゼスのスラッシュもツイッターで、「ジム・マーシャルの訃報は本当に寂しいニュースだ。彼のいないR&Rの世界なんて考えられない。だけど彼のアンプは永遠に生き続けるんだ!」と投稿した。

マーシャルのオフィシャル・ウェブサイトの追悼文の最後はこう締めくくられている。「ジムに多大な感謝を。そして心からご冥福をお祈り致します。この50年間、あなたとあなたのアンプは世界中の人々に音楽と喜びをもたらしてくれました。その思い出と、あなたの名前を象ったあの白いマーシャルのロゴは永遠に生き続けることでしょう」

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング