コメディ俳優ジャック・ブラックのロック・ユニット、テネイシャスDが新作をリリース!

AOL ミュージック / 2012年5月17日 16時40分

Filed under: ニュース, リリース, ロック

コメディアン/俳優/歌手として活躍する人気者ジャック・ブラックが相棒のカイル・ガスと長年活動してきた破天荒爆笑ロック・ユニット、テネイシャスD。そんな彼らが待望の新作アルバム『Rize Of The Fenix』をリリースする。

今作は6年ぶりのリリースであり、大ヒット作にして超名盤『The Pick Of Destiny』に続く通算3枚目のフル・アルバムである。<ロイター>のインタビューに答えたジャック・ブラックは、この作品を「史上最高のアルバム」と断言。「ジャック・ホワイトの『Blunderbuss』は最高だ。フー・ファイターズもトム・ウェイツも勿論最高さ。あとゴティエ(Gotye)もね。しかし! 俺たちのアルバムはその全てよりも格段に良いんだ。まあ、俺たちは所詮ピエロだからそんなまともな評価を受けることは無いだろうがな...」と、いつもの調子で大風呂敷を広げ、さらに「100年後、誰もゴティエや他の連中のことなど憶えちゃいまい。だが俺たち"D"の紋章はいつまでも燦然と輝き続けるだろう! そしてみんな俺たちの新宗教をはじめるのさ」と続けた。いつものジャック節も全開、絶好調な様子だ。

ジャックは勿論コメディ俳優として知られ、様々な映画に出演して今や世界中の人気者だが、俳優として成功した今も本人は「心はテネイシャスDにある」と語っている。あくまで"ミュージシャン"であり、1994年結成のこのロック・デュオにこそ自分の原点があることを改めて強調する彼は、「俳優業だとか他の仕事をやっていても、最後には必ずDに帰ってくるのさ。なぜならこのバンドこそ最高で最強で、オレが一番達成感を感じられる場所だからだ。"テネイシャスD"のアイランドは、オレとカイルの全てが発揮できる最高のフィールドなのさ!」とご機嫌に締めくくった。最強のロック・チーム、テネイシャスDが再びロックの歴史に金字塔を打ち立てることができるのだろうか。

テネイシャスDのニュー・アルバムはこちらから試聴できる
関連ニュースの映像

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング