2012年度イギリス国内の注目フェス10選!!

AOL ミュージック / 2012年6月5日 16時0分

Filed under: ニュース, コンサート・フェスティバル, The Huffington Post

今年のイギリスではグラストンベリーが開催されず、エリザベス女王の即位60周年記念、そしてオリンピック関係のイベントが目白押しとなっているようだが、依然として沢山のフェスティバルが開催される予定で、500以上のフェスティバルが開催された昨年よりも多くの数が期待できるかもしれない。そこで、今年イギリス国内で開催される数あるフェスティバルの中から、注目度と出演者に基づきベスト10をピックアップ。是非参考にしてもらいたい。

6月8日-10日 ロックネス
スコットランドのネス湖の湖畔で開催される。ビッフィ・クライロが最終日のヘッドライナーを務める他、デッドマウス、マムフォード・アンド・サンズがそれぞれ金曜日、土曜日のヘッドライナーを務める。その他には若手のエド・シーラン、そしてWretch 32などが出演する。
詳細:www.rockness.co.uk



6月8日-10日 ダウンロード・フェスティバル
タフでない人は参加すべきではないだろう。かつて「モンスターズ・オブ・ロック」と呼ばれたヘビーメタルの祭典は今年で10周年を迎える。メタリカ、ブラック・サバス、プロディジーがドニントン・パークのメインステージでヘッドライナーを務める。その他にはスリップノットのフロントマン、コリー・テイラー、ビッフィ・クライロ、サウンドガーデン、チェイス&ステータス、テネイシャスD、ユー・ミー・アット・シックス、トリヴィアム、アンスラックス、マシーンヘッド、スラッシュ、メガデス、スティール・パンサー、NOFX、ブラック・レーベル・ソサエティなどが出演する。
詳細:www.downloadfestival.co.uk



6月12日-14日 ハンプトン・コート・パレス・フェスティバル
ヘンリー8世の音楽堂の中庭で開催され、今年で20周年を迎える。ライザ・ミネリ、ジェームズ・モリソン、ジュールズ・ホランド、ケイティ・メルアなど、ロック、ポップ、ジャズ、そしてクラッシックの大物が出演する予定だ。
詳細:www.hamptoncourtpalacefestival.com



6月15日-17日 ラブボックス・ウィークエンダー
グルーヴ・アルマダが主催するロンドンのエレクトロニック・ミュージック系フェスティバルは、今年で10周年を迎える。今年はグレース・ジョーンズ、ホット・チップ、フレンドリー・ファイア、エミリー・サンデー、ラナ・デル・レイなどが出演する。
詳細:www.lovebox.net



6月21日-24日 ワイト島音楽祭
80年代の労働者階級のロックフェス的な感覚が味わえる。今年のヘッドライナーはブルース・スプリングスティーンとトム・ペティ。他にはビッフィ・クライロ、ノエル・ギャラガー、そしてエルボーが出演する。2002年に復活を果たしたこのフェスティバルは、ニューポートのシークローズ公園で開催される。
詳細:www.isleofwightfestival.com



7月6日-8日 バークリーカード・ワイヤレス・フェスティバル
ハイドパークで開催されるこのフェスティバルは、R&Bやポップスがメインとなっており、リアーナとドレイクがヘッドラインを務める他、ニッキー・ミナージュ、イグザンプル、ウィズ・カリファなどが出演する。
詳細:www.wirelessfestival.co.uk



7月19日-22日 シークレット・ガーデン・パーティー
ケンブリッジシャー州、ハンティンドンにある、ジョージア王朝時代の農家の庭で開催されるアートと音楽のフェスティバル。かつてはその名の通りだったが、昨年は2万6,000人が参加し、もはやシークレットとは呼べない存在に。今年はオービタルがヘッドライナーを務め、他にはエドワード・シャープ&ザ・マグネティック・ゼロズ、KTタンストール、リトル・ロイなどが参加する。
詳細:www.secretgardenparty.com



8月18日-19日 Vフェスティバル
最もコマーシャル的だと言われているが、トップ40やビッグネームのファンならば、このフェスティバルが最適だ。今年は16年ぶりの復活となるストーン・ローゼズ、ザ・キラーズ、ノエル・ギャラガー、スノー・パトロールがヘッドライナーを務める。また、ニッキー・ミナージュ、ザ・フィーリング、タイニー・テンパーなども出演予定。1日目はエセックス州のハイランズ・パークで開催され、2日目はスタッフォードシャー州のウェストン・パークで開催される。
詳細:www.vfestival.com



8月24日-26日 レディング・フェスティバル
今年のレディング・フェスティバルはフー・ファイターズ、ザ・キュアー、カサビアンがヘッドライナーを務める他、フローレンス+ザ・マシーン、パラモア、ガスライト・アンセム、ザ・ブラック・キーズなどが出演する。尚、ニルヴァーナが復帰を果たし、ストーン・ローゼズが解散前に最後の演奏をしたフェスティバルとして知られている。
詳細:www.readingfestival.co.uk



9月6日-9日 ベスティバル
グラストンベリーが開催されない今年、そのポジションに一番近いのがベスティバルだろう。5万人が参加するこのフェスティバルは急速に人気を高めており、今年はスティービー・ワンダー、そしてBBCラジオ1のDJ、ロブ・ダ・バンクが出演する他、フローレンス+ザ・マシーン、シガー・ロス、ザ・エックス・エックス、ニュー・オーダーがヘッドライナーを務める。
詳細:bestival.net

関連ニュースの映像

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング