ヴィクトリア・ベッカム、「私に音楽の才能はない」と自ら告白

AOL ミュージック / 2012年6月7日 16時40分

Filed under: ニュース, ポップス, The Huffington Post

かつて世界ナンバーワンのガールズグループに所属していたヴィクトリア・ベッカムが、ついに自分には音楽的才能がないことを告白した(とうの昔にその事実に気づいていた人々はいるかもしれないが)。

ドイツ版<Interview>での取材で、元スパイス・ガールズのポッシュ・スパイスことヴィクトリアは、グループ内で自分の声は浮いていたと告白した。

「私に音楽の才能があったかですって? ないと思うわ。スパイス・ガールズの他のメンバーは上手だったけど、私は自分の声が変だってずっと思っていたの」と話すヴィクトリア。



また彼女は自分が周囲から気難しい人物だと思われていることについても言及し、「私のことを怖くて近寄りがたいって人が嘲笑するのは別にかまわないわ。彼らは私が本当にそうだって思っているのよ。実際そういう(自分が写っている)写真を見ると、私ですらそう思うし。なんてとっつきにくい顔しているの!ってね」とコメントしている。

スパイス・ガールズはロンドン・オリンピックの式典で再結成を果たすことが決定している。




関連ニュースの映像

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング