まだまだ現役! ポール・マッカートニー、70歳の誕生日を迎える

AOL ミュージック / 2012年6月20日 17時0分

Filed under: ニュース, Paul McCartney, ロック, The Huffington Post

ロンドン<AP>:ポール・マッカートニーが18日、70歳の誕生日を迎えた。夏に控えたいくつものビッグ・コンサートに備えてか、当日はごく内輪だけで彼のバースデーをお祝いしたようだ。

御年70歳。それでも衰える様子は一切なく、彼がまだまだロックし続けてくれるおかげで、ビートルズはおろかウイングスにすら間に合わなかった若いファン達は現在も直に彼の音楽を享受できている。改めて驚異的なことだ。

先日行なわれたエリザベス女王即位60周年記念式典(ダイアモンド・ジュビリー)でもクロージング・アクトを務めたポールは、そこでビートルズ時代の「All My Loving」を始めとした代表曲満載のパフォーマンスで女王を祝福。かつてはカウンター・カルチャーの象徴で、マリファナ愛好の反逆児だったポールも今や英国を代表する紳士だ。

さらに、今年7月27日に行なわれるロンドン・オリンピック開会式でもメインアクトとして登場することが正式に発表されている。世界中の何億という人々が目の当たりにする地球最大規模のイベントに、さすがのポールも少々ナーバスになるかもしれないが、それでも「Yesterday」「Eleanor Rigby」「Penny Lane」といったクラシック・ナンバーや、「Let It Be」「Hey Jude」といった誰もが知る名曲が山ほどあるので、演目自体に何一つ不安はないだろう。間違いなく会場中、そして世界中が大満足するパフォーマンスを繰り広げてくれるはずである。

ここ1年はポールにとってプライベートでの変化が多い年だった。2人目の妻ヘザー・ミルズとの泥沼離婚にやっと幕を下ろし(ちなみに最初の妻リンダは1998年に乳がんのため亡くなっている)、昨年10月にアメリカ人女性ナンシー・シェヴェルと3度目の結婚をした彼は、音楽家としてもプライベートでもまだまだ現役だ。いつまでもエネルギッシュなポール、これからも何枚ものアルバムと、最高のライブを披露してくれることを願う。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング