ニーヨ、発売25周年を迎えたマイケル・ジャクソンの『Bad』を語る

AOL ミュージック / 2012年8月31日 16時30分

25年前の今日、マイケル・ジャクソンの『Bad』がリリースされた。「Smooth Criminal」「The Way You Make Me Feel」そして「Bad」が収録された歴史的なアルバムの25周年を祝うトリビュート・パフォーマンスが予定されているニーヨ。彼に改めてこのアルバムについて尋ねてみた。



「(アルバムが)リリースされた時、俺は多分9歳とかだったと思う。もうその時既にマイケルの大ファンだった俺は母親に『Bad』を買ってくれってせがんだんだ。居間で母親が掃除している間中聴いていたよ」「その年齢でもマイケルがやってることがいかに特別だったかわかっていたんだ。どの曲もどのPVもまるで短編映画のようにスペシャルなものだった。特に好きだったのが『Smooth Criminal』! あのPVは凄かったよ。フレッド・アステアみたいな要素まで組み合わさっていたんだ」『Bad』を聴いていた当時の想い出を語ったニーヨは、さらにマイケル自身のことを「とにかく彼は天才だった。他に何て言いようがあるんだい? マイケルは本当に特別だったんだ」とコメントしている。

ニーヨが実際子供の頃に『Bad』を聴いた頃のエピソードやマイケルへの想いを語っているインタビュー映像が下記にあるのでチェックしてみよう。

ニーヨのインタビュー映像

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング