サマソニのパフォーマンスで話題を呼んだグライムス、マンチェスターで機材を盗まれる!

AOL ミュージック / 2012年9月4日 16時30分

「SUMMER SONIC 2012」で初来日を果たし、今年の "Polaris Music Prize" 受賞候補に名が挙っている、モントリオール出身の女性エレクトロ・アーティスト、グライムス(本名クレア・バウチャー)。世界が注目している彼女だが、先日ツアー先のマンチェスターで機材を盗まれるトラブルに見舞われてしまったようだ。



<NME>の報道によると、グライムスは「ねえ、マンチェスター! グライムスの機材が昨夜全部盗まれたの。もし何か情報を知っていたらすぐに教えて!」とツイートし盗まれた機材の情報提供を呼びかけていたようだ。

スコットランドのツアーを楽しんでいる様子だった彼女。「中世のスコットランド人になりたかった」「イベンターが年代物のウィスキーを差し入れてくれる」などご機嫌なツイートを連発していた中、非常に残念なニュースだ。5、6日に開催される伝統のワイト島フェスティバルへの出演も予定しているため、早急に機材が取り戻せないと最悪このままキャンセルということにもなりかねないのだとか。

また、<NME>のインタビューで、彼女はロシアのプッシー・ライオットの事件について「ロシアがどれだけ無茶苦茶な国かってことに今更ながらみんな気付き始めているわね。私はちっとも驚かないわ」と言及している。

グライムス「Genesis」のミュージック・ビデオはこちらから

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング