ホイットニー・ヒューストン、アデルらがギネスブックに掲載!

AOL ミュージック / 2012年9月11日 16時40分

ホイットニー・ヒューストンやアデルらがギネスブックに掲載されることになった。

ホイットニー・ヒューストンは死後12曲をUKのチャートに送り込み、「最も多くの数のシングルを同時にUKチャートに送り込んだ女性ソロシンガー」としてギネスブックに載ることになった。この記録は今まではエイミー・ワインハウスが所持していた。

またアデルも、アルバム『21』がアメリカにて最短で100万枚売れたデジタルアルバムとして記録され、エミネムの持っていた記録を更新。同時にアメリカとUKにおいて最も売れたデジタルアルバムとしても記録された。さらに、シングル「ローリング・イン・ザ・ディープ」が、アメリカで1年で最も売れたデジタルシングルとして記録されている。



そしてジャスティン・ビーバーは、アメリカとUKにおいて、18歳未満でナンバーワンヒットアルバムを3枚リリースした初のアーティストとして認められ、ジェイ・Zとビヨンセの娘、ブルー・アイビーが、泣き声をジェイ・Zのシングルに使用されたことから、最も若いアーティストとして記録された他、マドンナのスーパーボウルのハーフタイムでのコンサートが、最多視聴者数記録(1億1400万人)として記録された。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング