ビーバーとワン・ダイレクションのナイル、深夜のジャムセッションで近所から苦情!

AOL ミュージック / 2012年9月14日 16時30分

ジャスティン・ビーバーが、ワン・ダイレクションのナイル・ホーランが住むロンドンの住宅で深夜にジャムセッションを行い、近所の住民から苦情を受けていたことが明らかになった。

彼らのコラボレーションが行われたのは実に真夜中3時のこと。いくら今が旬のスーパースターである2人とは言え、クレームが来ても仕方のない時間である。

「僕らは一緒に素晴らしい時間を過ごしたよ! 僕はこの前ロンドンにあるナイルのアパートに行ったんだけど、そこで近所の住民をちょっぴり怒らせちゃうって事件があったんだ。僕らは午前3時にちょっとしたジャムセッションを行ったんだけど、どうやら下に住んでいる人がいたんだよね。僕らが演奏している時にいきなり "バン!バン!バン!" って激しくドアを叩く音がして、(下に住んでいる)男の人が『静かにしろ!』って叫んできたんだ! そりゃすごい様子だったね」とビーバーは後日、彼のツイッター上でその時の様子を説明している。

ビーバーとナイル、彼らの貴重なコラボレーションを見たいファンたちは大勢いるだろうが、もし次の機会があるなら練習はもう少し常識的な時間に行ってほしいものだ。

絶大な人気を誇る5人組グループ、ワン・ダイレクション

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング