アデル、007シリーズの主題歌を本日世界同時プレミア公開!今だから本人が明かす制作秘話

AOL ミュージック / 2012年10月5日 16時0分

アデル、007シリーズの主題歌を本日世界同時プレミア公開!今だから本人が明かす制作秘話

007シリーズ最新作『007 スカイフォール』の主題歌を歌うことをついに正式発表したアデル。そして「ジェームズ・ボンドの日」と呼ばれる(イギリスでシリーズ第1作目が初公開された日なのだとか)本日10月5日に、その楽曲が世界同時でプレミア公開された。

ずばり「スカイフォール」と名付けられたこの新曲は、グラミー賞を受賞した大ヒット・シングル「ローリング・イン・ザ・ディープ」でもタッグを組んだポール・エプワースとの共作によるもので、なんと77名の大オーケストラと共にレコーディングされたという。

思えばアデルが007シリーズのテーマソングを担当するかもしれないという噂が流れ始めたのは去年のこと。しかし、ファンの大きな期待を背負ったこの楽曲の制作にあたり、アデル自身、始めはとても躊躇していたのだと明かしている。「『007 スカイフォール』の主題歌を手掛けることに、はじめは少し戸惑っていたの。ボンドのテーマソングって話になれば、大きな注目を浴び、大きなプレッシャーがのしかかってくるでしょう。だけどね、脚本を読んでこの作品の虜になってしまったことと、ポールの出してくれた新しいトラックの素晴らしいアイディアのおかげで、これは "イケる!" って思えたのよ」

現在「スカイフォール」は、アデルのオフィシャル・サイトで試聴可能。さらにiTunesでの先行配信もスタートしているので、チェックしてほしい。

関連ニュースの映像

【関連記事】

AOL ミュージック

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング