ジャスティン・ビーバー&セレーナ・ゴメス、破局を乗り越えたその後は?

AOL ミュージック / 2012年11月15日 16時5分

世界がうらやむティーン・カップル、ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスの衝撃的な破局報道から数日。当初は傷心ツイートをくり返したりステージで悲痛な歌を披露したりしていた彼らであったが、どうやら2人ともようやく前を向き始めたようだ。



ジャスティンは<Instagram>に自らの上半身裸ショットを投稿。18歳の青年の見事なまでの細マッチョボディが、「What song is next(次はどんな歌)」とのキャプションつきで公開されている。さらに「"人生は短い。なるようになるしかないんだ。自分の足を前に運びさえすれば、きっと大丈夫" ...道でたまたま遭った見知らぬ男、グレンの言葉より」とその後再びツイートし、恋人にふられた痛手を振り切って前へと進むつもりのようだ。


一方のセレーナは、<Glamour>の"Woman Of The Year Awards"に出席し、ユニセフの史上最年少大使としての活動を表彰された。胸元も露な、真白いレースのドレスに身を包んだセレーナは、受賞スピーチで「毎日素晴らしい人々と仕事することが出来て、本当に幸せだと思っています」「誰にだってその人の声があるのです。それが歌だろうと演技だろうと、心からやりたいとおもったことを貫くチャンスが誰にだってあるはず。そのことを私はママから教わりました」と女性の多い会場にむけて語りかけた。その後も会場にいる自分の写真を「力強い女性達に囲まれて...言葉を呑む程光栄だわ」という言葉とともにツイートしている。

2人とも新たな一歩へ踏み出したばかり。しばらくは彼らの歩みを見守っていたい。

なお、現在の2人の動向とは関係ないが、<Snakkle.com.>が、ジャスティンとセレーナの幼少期の写真を公開しているので紹介しよう。


現在20歳のセレーナは子役として以前から活躍しており、『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』『ウェイバリー通りのウィザードたち』などのディズニーチャンネルの番組に出演している。また、ジャスティンは13歳の時に<YouTube>にアップした動画をきっかけに歌手デビューを果たしている。

現在の面影がある2人の幼少期写真は、<Snakkle.com.>ページにてさらに公開されているのでチェックしてみよう。

【関連記事】

AOL ミュージック

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング