恋多きテイラー・スウィフトが学んだこと 「恋愛関係は対等であるべき」

AOL ミュージック / 2012年11月17日 16時25分

テイラー・スウィフトの恋愛関係は常に話題豊富で、俳優から政治家の息子まで様々な男性との熱愛が報じられているが、彼女は恋愛におけるある信条を持っているようだ。



テイラーは、「私は対等な立場でいたいの。自分が関係をリードし過ぎているように感じたら、居心地が悪くなって別れるわ」とコメント。また、恋愛関係を「究極のコラボレーション」と例えた上で、「凄く大きいプレッシャーがかかる決定をする時に、ボーイフレンドに委ねるのは素晴らしいこと。誰を恋人にするのかを決める際、そうできるかどうかが大きな基準になるわね」と続けている。

過去の恋愛を曲に盛り込むことで知られている彼女は、恋愛が終わってしまった理由について理解しつつも、真実の愛の存在を信じているようだ。「相手によっては中毒みたいな関係になってしまうの。破滅的な方向に進まないように正しい相手を選ばなければならないわ」とコメントし、「悲しく辛い経験でも、アーティストとしてはそこから多くを学べるわ。奇妙な正当化だけどね。自分の記憶から男性を消したい時は、楽曲にして表現するのよ」と多くの失恋を味わってもそこに希望の光を見出していることを明かした。

しかし、テイラーは今誰とデートをしているのか、また楽曲が誰について書かれたものなのかについては語りたくないようだ。「自分のことを世の中に晒さなければ、失恋を失恋として扱える普通の人生を生きることができるでしょ。私は今そうしているの」とコメントしている。先日、交際していたケネディ家の跡取り、コナー・ケネディとの破局を報じられたテイラー。しかし、一部ではまだ2人は関係を続けており、今も連絡を取り合っているという話もあがっている。真実はわからないが、彼女は来年3月から全米ツアーをスタートさせる予定になっており、デートする時間をなかなか作れないほど忙しくなってしまうかもしれない。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング