フィオナ・アップル、病気の愛犬と過ごすため南米ツアーをキャンセル!

AOL ミュージック / 2012年11月22日 16時15分

フィオナ・アップルが、彼女の南米ツアーをキャンセルすると公式に発表し、その切実な理由を明かした。




今月27日、ブラジル南部にあるポルト・アレグレからツアーをスタートさせる予定であったフィオナは、<Facebook>のページにて手書きによる手紙の写真を公開し、その中でファンに対してツアーを中止する旨と、その理由を綴っている。その理由とは、彼女が飼っている愛犬ジャネットの病気によるものであった。

「私は南米ツアーをこれからスタートするわけにはいかなくなったの」「私の犬がアジソン病(副腎皮質機能低下症)になってしまったのよ。日常的なコルチゾールの注射投与が必要な病気なんだけど、彼女をツアーに連れて行くことはとても危険なことなの。なぜならこの病気は、ストレスや興奮に反応して病気が悪くなってしまって最悪パニックで死んでしまうこともあるみたいだから」

フィオナが公開した手書きの手紙
「もし私がツアーに出たとしたら、彼女が死んでしまうこと、彼女に子守歌を歌ってあげられなくなることを恐れながら行動してしまうでしょう」「決断に時間 を要することはあるけど、この(ツアーをキャンセルする)ことに関する決断を下すのはとても早かったわ。選択しなければいけないことってあるのよ」

また、フィオナは<Facebook>上で愛犬のことについて多くのコメントを綴っており、これに対してファンからの多くのコメントが投稿されている。その多くはツアーをキャンセルすることに同意し、フィオナを励ます内容である。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング