エルトン・ジョン、ゲイであることを理由にマレーシア公演中止を求められる

AOL ミュージック / 2012年12月1日 16時30分

エルトン・ジョンは11月29日にマレーシアでコンサートを行う予定だが、マレーシアの保守派政党である全マレーシア・イスラーム党は、ゲイを公言しているエルトン・ジョンに対し、コンサートの開催を考え直すよう求めているようだ。



全マレーシア・イスラーム党は、「コンサートはキャンセルされるべきです。ゲイ及びレズビアンに関わるアーティストの活動は、間違った価値観をマレーシアの人々に与えるため、許されるべきではありません」と声明を発表している。

また、同党は市街地でのデモは行わないとしているが、声明では、「社会を腐敗から守るために、不道徳な活動を取りやめるよう行政側に対して要求する」と続けている。

なお、同党がエルトンに対してコンサートの中止を求めたのは今回が初めてではなく、エルトンが昨年11月に訪れた際も同じような働きかけがあった。しかしその際、エルトンは中止せずにそのままソールドアウト公演を行なっている。ちなみにエルトンは同じ代理母から2人目の子供を授かる予定であることを数週間前に発表している。


エルトン・ジョンと伴侶のデヴィッド・ファニッシ

【関連記事】

AOL ミュージック

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング