ポール・マッカートニー、「SNL」に出演! 爆笑コントとクリスマスソングを披露

AOL ミュージック / 2012年12月18日 16時45分

ポール・マッカートニーが「サタデー・ナイト・ライブ(SNL)」にゲスト出演した。コーナーの司会を務めるコメディアン/俳優のマーティン・ショートとコントを繰り広げた後、ニューヨークの児童合唱団とともに、コネチカット州での銃乱射事件被害者達への追悼を込め、「Wonderful Christmastime」「Silent Night」といったクリスマスソングを歌った。



その後ポールは、元ニルヴァーナのメンバー達と話題の新曲「Cut Me Some Slack」を熱演。このナンバーの初お目見えは先日のハリケーン・サンディのチャリティのために行われた「12-12-12」コンサートで行われている。今回の演奏の模様は動画が入手され次第公開される予定とのことだ。

この週の放送が行われたのはあの痛ましい銃乱射事件の直後のこと。楽しいホリデーシーズンを笑いで包む楽しい放送回になるはずであったが、誰しも頭の中から事件の衝撃を消すことはなかったはずだ。それでも司会のマーティン(実に16年ぶりの司会を務めた)は番組を楽しいものにしようと全力を尽くしていたようだ。

彼はポールとのコント「Holiday Pageant」「皇室専属のヤブ医者」「旧友」「醜い女」(サミュエル・L・ジャクソンも登場し、放送禁止用語まで飛び出した!)の中で爆笑演技を繰り広げ、共演者達も楽しんでいた様子だ。

視聴者達の頭から事件のことが離れることはおそらくなかったであろうが、彼らに少しだけ笑顔が戻った土曜日のひとときであった。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング