マイリー・サイラスVSテイラー・スウィフトの「アバズレ」 対決!?

AOL ミュージック / 2012年12月20日 16時35分

有名人につきものの有名税、その代表的なものは悪口や批判だろう。そして1度火がつくと雑誌やテレビ、ネットで散々叩かれるのも彼らの宿命だ。



そんな悪口や批判にこれまで散々曝され、いい加減鍛えられたであろうマイリー・サイラスだが、彼女には1つだけどうしても許せない悪口がある。それは "アバズレ" と呼ばれることだ。子役スターから20歳の女性へと、大人の階段を上ってきた彼女も徐々にセクシーな衣装を着用する機会が増え、スキャンダルが報道され、毎日のように "アバズレ" と批判されているマイリーだが、そもそも男性遍歴を見ると非常にお固いタイプなのである。

そこで<E!News>の記者ケン・ベイカーは、"アメリカ理想の娘" "アメリカのスウィートハート" などと呼ばれ一貫してクリーンなイメージを保ってきたテイラー・スウィフトとマイリーの比較記事を公開。マイリーの写真には「いつもアバズレと呼ばれているが、実際には3年間1人の男性と付き合い現在では婚約」とのキャプション、一方テイラーの写真には「スウィート&エレガントで模範的と呼ばれているが、この3年間で13人もの男性と交際」とある。そう、マイリーは俳優のリアム・ヘムスワースと交際経て2012年に婚約。テイラーはこれまでジョー・ジョナス、テイラー・ロートナー、ジョン・メイヤー、ジェイク・ギレンホール、コナー・ケネディ...、そして現在はワン・ディレクションのハリー・スタイルズと熱愛中である。そしてこの記事はどうやらマイリーを大喜びさせたようだ。「人々は私が20歳で結婚したからと言う理由で "アバズレ" 呼ばわりするけど、とんだ的外れよ。だって、私はたった1人の男性を心底愛しているのだから。誰かがそのことを発言してくれて、本当に嬉しいわ」とツイート。さらに「ツイッター合戦を(テイラーと)繰り広げる気はない」「私が思わず笑ってしまったのはテイラーのことではない」と無意味にツイッター上で騒動を繰り広げる気はないことを強調した。

無意味にテイラーに突っかかる気も、今まで自分に浴びせられて来た批判を彼女になすり付ける気もないようだ。マイリーは "アバズレ" なのではなく、良識的なオトナの女性なのかもしれない。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング