どんな人が「SIMフリー」にしたほうがいいの?スマホ代はもっと安くなる!?

AppWoman / 2014年1月6日 21時0分

写真

今話題の「SIMフリー端末」について、過去2回に渡ってお送りしてきました。第1回目は、「そもそも“SIMフリー端末”って何?」という疑問について。そして第2回目は「本当に安くなるの?」ということについて。

そして今回は、「どんな人はSIMフリー端末にしたほうがいいの?」という疑問について考えてみたいと思います。

■SIM端末は結局どんな人ならお得なの?

結論から言ってしまうと、今現在、国内で普通に携帯電話として使う場合は、キャリアが販売している「SIMロック版」をSIMカードと一緒に契約・購入してしまった方が良いと思います。

SIMフリー版のiPhoneは端末代金も高く、SIMフリー端末向けに販売されているSIMカードは、今のところどれも一長一短という印象だからです。

では、“SIMフリー端末にしたほうがいい”人とはどんな人なんでしょう? 今回は2つの運用例を参考にご説明します。

■海外に行くなら絶対に「SIMフリー端末」+「プリペイドSIM」!

SIMフリー端末を一番有効に使えるのは“国外で使用する場合”です。

国内で使いやすいのは、断然主要3キャリアが提供する携帯電話網。しかし、一度国外へ出てしまうと、国内で契約した回線はほとんど意味がありません。一応、海外向けの通信サービスも提供されていますが、料金があまりに高く、使うのにためらってしまうことも。

海外でスマホを安く使いたい場合は、現地で売られているSIMカードを購入し、自分が使っているスマホに差し替えて使うのが一般的。SIMフリー端末が当たり前の国では、特に「プリペイドSIM」と呼ばれる、使い切りタイプのSIMカードがコンビニなどで簡単に手に入ります。

通信量にもよりますが、安くて1,000円くらいから購入出来ます。1週間程度の旅行であればそれで事足りるので、国内キャリアが提供する海外向けサービスよりも圧倒的に使いやすいですよね。

SIMロック端末ではSIMカードを差し替えても対応しないので、こういった場面でネックになってしまいます。

■複数のデバイスを持っているなら、「モバイルWi-Fi」+「格安SIM」の併用がおススメ!

2つ目のポイントは、国内で使う場合。「今話題の「SIMフリー端末」って…本当に安くなるの?」でも書いたように、月々の運用コストを押さえられる可能性があります。今回はもう少し具体的に考えてみましょう。

あなたが持っているデバイスがスマホ1台だという場合、SIMロック版でも問題ない場合がほとんどかも。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AppWoman

トピックスRSS

ランキング