10代76%、30代33%…。●●をスマホと一緒に持ち歩くかどうかで年齢が分かる!?

AppWoman / 2014年2月25日 11時30分

写真

通勤時間や移動時間で、スマホを常用する人は多いはず。電車内を見渡してみても、イヤホンをしながら動画視聴を楽しむ人たちは、いまや当たり前な光景になりましたよね。

ところがパッと見は同じように見えて、動画視聴のしかたは年代や人によって大きく異なっているようですよ。

■ 10代のイヤホン保持率は76%! イヤホンを持ち歩くのは若い証拠?

『株式会社リビジョン』が10〜30代の男女500人に行った「スマートフォンでの動画視聴に関する調査」で、興味深いデータが明らかになっていました。なんでも「普段イヤホンを持ち歩いているか?」と聞いたところ、「持ち歩いている」と答えた人は52%。「持ち歩いていない」と答えた人は48%だったとのこと。

20代の筆者から見て、正直もっといるのかと思いきや、その割合はおよそ半々。というのも、年代別で見た場合、10代の結果は76%。20代は57%。30代にいたっては、33%という結果が出ているのです。

言われてみれば、電車内でイヤホンをつけながら、スマホをいじっている人は若い世代が中心かも。年齢問わずスマホをいじる人は多いですが、イヤホンを所持するということは、まだまだ若い証拠と言えるのかもしれませんね。

■ 動画視聴の限界は何分? 3分と答えた人は全体の約5割!

ほかにもスマホの視聴の仕方で、こんなデータも発表されています。「スマートフォンで動画視聴するとして、再生時間を見ただけで視聴する気が失せてしまうのはどこからですか?」と聞いたところ、最も多かった回答結果は30秒以内で21.2%。

続いて、1分以内が11.4%。3分以内、と答えた人は14%でした。視聴する場所にもよるでしょうが、その割合は47%と約5割。回線が不安定だと電池の消耗も激しくなってしまうので、動画時間が長いほど「重くなるから(見るのを)やめよう」と判断する人が多いようです。

実際、「スマートフォンを利用するなかで、気になった動画を『あとで見よう』と思ったことはある?」と聞いたところ、「ある」と答えた人は61.6%。これが移動中であれば、なおのことかもしれませんね。

■ あなたならどうする? 自分好みの動画は後回し派がほとんど!?

ちなみに「あとで見よう」と思った動画やシーンについて、こんな面白いフリー回答が寄せられていました。

「電車移動中で乗り換え。サッカーのダイジェスト」(33歳・男性・会社員)

「大きな画面で見たいと思ったとき。スマホでは見ずにPCで見る」(36歳・男性・その他)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AppWoman

トピックスRSS

ランキング