【電話代を安くする方法】自分のスマホを仕事でも使っている人向け

AppWoman / 2014年4月9日 19時0分

写真

あなたは、“仕事用のスマホ”って持っていますか? それとも自分のスマホをそのまま仕事でも使っている?

■2人に1人が、個人用スマホを仕事でも利用している!

『IDC Japan株式会社』が発表した調査によると、スマホやタブレットなどを個人で持っている男女の56.6%が、プライベートな時間帯でもそれを仕事に利用していることがわかったそう。

まさに「2人に1人は仕事にプライベートスマホを利用している」とも言える結果。ただ、そうなると気になってくるのが、「電話料金の高額化」と「プライベートと仕事はきちんと使い分けられるのか?」ということ。

そこで今回は電話料金をおさえつつ、プライベートと仕事をきちんと分けるコツを教えちゃいます!

■方法その1:格安SIMカードを使って2台持ちにする

まずオススメしたいのが、スマホに格安SIMカードを利用し、2台持ちにする方法です。

「仕事は電話がほとんど!」という場合なら、今持っているプライベートスマホをガラケーに機種変! パケ放題はやめて、通話に最適なプランへ変更。そして、使わなくなったスマホに格安SIMを挿して使います。

プライベートではLINEや無料通話アプリで済ませてしまう、という方におススメです。通信料に応じて様々なものが出ているので、ぜひチェックしてみて。「パケホはもったいない!? 月額875円でおばあちゃんにスマホを持たせてみよう」でも説明していますよ。

■ 方法その2:Wi-Fiを最大利用!

格安SIMは通信量を小さく制限されているものがほとんど。また、docomoの「パケ・ホーダイ・ダブル」は2段階制。

そこで便利なのが、Wi-Fiの最大活用です。固定回線のWi-Fi経由だと、通信量にはカウントされません。今や、さまざまな場所で無料Wi-Fiが飛んでいますよね。これを使わない手はない!

あなたは、どれだけの通信量を使っているか、きちんと自分で把握していますか? ほとんど通信してないのに毎月7GB分の高額なパケ放料金を払うのはナンセンスですよ。

■ 方法その3:IP電話アプリで、050から始まる番号を2つ持ち!

他社や固定電話への、主要キャリアの通話料は30秒で20円〜。この電話料金はかなり高めですよね。LINEやFacebookの無料通話も、仕事ではなかなか使えないのが難点。

そこで便利なのが、他社や固定電話にもかけられるIP電話サービス。その多くが050から始まる電話番号をもつことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AppWoman

トピックスRSS

ランキング