男をデートに誘うなら「ボジョレー・ヌーボー」がいい!? そのワケとは?

AppWoman / 2014年11月18日 17時0分

写真

11月20日は「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日。

「ボジョレー・ヌーボーって騒いでるけど、そんなに興味ないかも……」

なんて、もったいない事思っていませんか? 実は、ボジョレー・ヌーボーこそ、デートにピッタリなんです!

■「ボジョレー」はデートの口実にピッタリ! 男性の方がボジョレーに興味しんしん!

『一般社団法人日本ホームパーティー協会』が行った調査で、「ボジョレー・ヌーボーの興味関心」を聞いてみたところ、20代女性の約半数が「興味ない」と答えているのに対して、20代男性は70%以上が「興味ある・飲んだことがある」という結果に。

さらに、30代、40代男性になると、80%以上の人が「ボジョレーヌーボーに興味あり!」と答えています。

どうやら、女性よりも男性のほうがボジョレー・ヌーボーに興味しんしんのよう。

つまり「飲んだことないから、今年は飲んでみたいの」なんていうデートの口実に使えるというわけ。「詳しくないから、教えてほしい」なんてセリフも使えますよね。

■デート時に、一気に「女を意識させる」テクニック3つ

せっかくデートの約束を取り付けたら、もっと女性として意識してほしいものですよね。せっかくのデートも友達感覚で終わってしまっては、無意味というもの。

そこで今日はgooランキングの「意識していなかった女性に急に女っぽさを感じるときランキング」を参考に、女度がぐーんとアップするマル秘テク3つをご紹介します!

(1)ワインを殺さない程度の「いい香り」にオトコは弱い!

ランキング1位は、「いい香りがしてきたとき」。これは鉄板のモテ術です。しかし、強い香りはNG。せっかくのワインの香りも台無しになってしまいます。いつもより2人の距離を縮めて、やっと香るくらいの、上品な量がとっても効果的。

(2)いつもと雰囲気を変えて「特別感」を

「いつもパンツスタイルなのに、スカートをはいてきたとき」、「いつもメガネなのに、コンタクトにしてきたとき」、「メイクがいつもと違って華やかなとき」、「ヘアスタイルが好みのスタイルになっていたとき」などと、「何かいつもと違うなぁ」と思わせるのは効果アリ。

いつもよりちょっとオシャレをして、「あなたと一緒だから頑張っちゃったの」と“特別感”を演出して。

でも、張り切りすぎるのは「イタイ」と思われちゃう可能性もあるので、事前リサーチが大切ですよ。

(3)ボディータッチのポイントは“さりげなく”

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AppWoman

トピックスRSS

ランキング