落ち込んでいるオトコを励ます「3つの魔法の言葉」って?

AppWoman / 2014年12月8日 17時0分

好きな人が落ち込んでいるとき、どんな言葉をかけてあげていますか?

男性は女性と違ってプロセスを話すことが苦手なので、自分のなかで答えが出ていないことは話したくない傾向にあるそう。

ただでさえ「弱音を吐くのは格好悪い」と、自分から悩みを打ち明けるのが苦手な人が多いものです。

■男性の心を軽くする魔法の言葉とは?

そんな彼を見て、「どんな言葉をかけてあげれば元気になるかな……?」と思う女性は少なくないはず。

では、一体どんな言葉をかけて、彼を励ましてあげればいいのでしょうか? 今回は落ち込んでいる男性の心を軽くするために、恋愛ライターである筆者が3つの魔法の言葉についてまとめてみました。

(1)「◯◯くんならきっと大丈夫だよ」

落ち込んでいる彼を見て、すかさず「どうしたの?」「なにかあったの?」と聞く女性は多いはず。

このとき、彼の悩みを聞いて「なんだ、そんなこと〜」「だったら◯◯すればいいじゃん」と、話を遮っていませんか?

悩みを抱えている相手にとって、自分の話を「うんうん」と聞いてくれる人がいると、だいぶ気持ちが楽になるものです。

なので、まずは彼の話をじっくりと聞いてあげて。そして、話の最後に「◯◯くんならきっと大丈夫だよ」と肯定してあげると、彼も自信を取り戻し、悩みの整理もしやすくなるはずです。

(2)「わたしで良ければいくらでも力になるから」

彼の悩みが仕事の場合、なんて声をかけてあげればいいのか、迷ってしまう女子はいませんか? 仕事は違うけど、恋人として「なんとか彼の力になりたい」と思うもの。

そんなときは、「私にできることがあれば力になるからね」と声をかけてあげるのです。自分を追い込んでしまう男性ほど、ひとりで悩みを抱えてしまいがち。

彼女が力になってくれると分かっただけで、彼は「弱音なんて吐いていられないな」と決意を新たにするかもしれません。

(3)「わたしは◯◯くんの味方だよ。応援しているからね」

彼の悩みが軽度のようなら「わたしはあなたの味方だよ」と、さり気なく声をかけてあげましょう。

男性のなかにはプライドが強く、「大したことはない」といった様子を見せる人も少なくありません。でも、こういったタイプは、内心とても不安がっていることが多いのです。

「俺の言うことをわかって欲しい」と、悩みを打ち明けている可能性もあるので、「◯◯くんがしたい方でいいと思うよ。わたしは応援しているからね」と、彼の主張を受け入れながら背中を押してあげると、彼はホッと安堵するはずですよ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AppWoman

トピックスRSS

ランキング