2人に1人はX’mas限定彼氏アリ!? それでも「カラダを許さない」3つの自衛法

AppWoman / 2014年12月23日 12時0分

肩を寄せ合うカップルや街中のイルミネーションを眺めていると

「やっぱりクリぼっちは避けたい!」

そんな思いが強くなってきますよね。でもクリスマス直前になって、一緒に過ごしてくれる相手を探しているわたしって……。実は寂しさを隠しているのは、あなただけではないようですよ。

■2人に1人が「クリスマス限定彼氏」はアリ!

『株式会社ウエディングパーク』が20~30代の女性112人を対象に行った「クリスマス」に関する調査によると、2人に1人が「クリスマス限定彼氏」はアリと回答したことが明らかに……!


「クリスマスだけの男女の関係(デートをする等)をどう思いますか」という質問に対して、「あり」または「どちらかと言えばあり」と回答した女性が51.8%にのぼることが分かったのです。

■「一夜の過ち」を避けるたった3つのポイント

さらに、気になるのは「今まで、クリスマスだけの男女の関係(デートをする等)を持ったことがある」と回答した女性が13%と、10人に1人は以上が、実際に“クリスマス限定”彼氏の経験があること!

でも、「クリぼっち(=クリスマスを一人で過ごす人)」が嫌だからといって、そのまま“一夜限りのカラダの関係”になるのは避けたいですよね。

そこで今回は『gooランキング』の「女性500人が答えた『一夜の過ち』を防ぐ方法ランキング」を参考に、3つのポイントをご紹介します。

(1)あえて……ムダ毛処理をしない!

腕や足、デリケートゾーンなど、あえてムダ下処理をしないでいると、いざというときにブレーキをかけることができるとか。どんなに寂しくても、毛がボーボーの状態では恥ずかしくてエッチをする気にはなれませんよね。

(2)あえて……ダサい下着を着けていく!

クリスマスといえばちょっとセクシーな下着が定番ですが、「過ちを犯したくない」ときはダサい下着やオバサンっぽい下着がおすすめ。たとえ男性に誘われたとしても、キッパリ断れるはずですよ。

(3)あえて……門限が厳しいフリをする!

親や友人に「○時になったら電話して」とお願いしたり、終電の時刻にアラームをセットして、「もう帰る時間なの」と伝えたり。育ちの良い女性・ガードの固い女性を演じれば、男性も手を出しにくくなるかも!?

もちろん体の関係から始まる恋もアリですが、できるなら避けたいところ……。「お腹に油性マジックで落書きする」「毛糸のパンツを履いておく」など、その他にもカラダを許さない方法はたくさん。あなたはどんな方法で“一夜限りのクリスマス”を回避しますか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AppWoman

トピックスRSS

ランキング