朝ドラ旧作を夕方に放送も「あまちゃん」が再放送できない裏事情

アサ芸プラス / 2018年3月26日 17時59分

写真

 NHKが、4月9日から過去の朝ドラを平日の夕方に再放送すると発表した。第1弾は、2011年に放送された尾野真千子主演「カーネーション」だという。

「NHKによると、平日の午後4時20分から、朝ドラの旧作を1日に2話ずつオンエアしていくとのこと。最初の再放送に選ばれたのは、平均視聴率19.1%を記録した『カーネーション』です。同ドラマは近年の朝ドラ作品の中でも特に評価が高く、ネットでは『カーネーションは完成度が高いから再放送は嬉しい』『綾野剛がカッコよかったから楽しみ』と今回の発表に喜びの声が多く上がっています」(テレビ誌記者)

 今回、NHKが再放送枠を新設したことで、一部朝ドラファンからは「次は『あまちゃん』をやってほしい」との声も飛び交っている。

 しかし同ドラマは、ある事情により再放送が困難な状況にあるという。

「のん(能年玲奈)主演、宮藤官九郎脚本で、13年に放送された『あまちゃん』は、いまだに人気が根強く、再放送を望む声は多い。しかし同ドラマにて、若き日の橋幸夫役を演じていた清水良太郎が昨年、法律違反の薬物の使用容疑で逮捕されてしまったのです。現在、オンデマンドでは配信されているものの、地上波での再放送となると、さすがに厳しいでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 のん以外にも「あまちゃん」には、有村架純や松岡茉優などの人気女優が多数出演。しかしもう地上波では、見ることができないのかもしれない。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング