浅田真央、「最終的な夢は自給自足」「山に行く」発言に賛否の嵐

アサ芸プラス / 2018年3月30日 9時59分

写真

 トーク番組「サワコの朝」(TBS系)に3月24日、フィギュアスケートの元世界選手権女王・浅田真央が出演。将来の夢について話が及び、「自給自足の生活」がしたいとコメント。この意外な発言にファンから驚きの声が上がっている。

「番組では、これまでの競技人生を振り返り、フィギュアスケートが採点制のため、司会の阿川から『私の方が点が上だわ』と疑問に思ったことはないか問われ、『ありました!』と即答。理不尽だと思ったこともあったとしたうえで『だけど、誰が何といっても1番だという演技をしようと思いました』と“神コメント”。ひたむきな浅田に対して《えらい!立派!》《ずっと見てたファンはよく知ってるよ》《真央ちゃん、グスッ。わかってるよ皆分かってる…ほんとに強いなぁ》といった声がネットでも上がっています」(スポーツ紙記者)

 浅田は、昨年4月で現役を引退。今年5月から全国10カ所を半年かけて巡る「浅田真央サンクスツアー」を行うことが発表されている。

「今まで応援してくれた方々への感謝を込めて、浅田真央が全国を回って、今まで滑ってきたプロクラムをメドレー形式でキャストのスケーター達とつないでいくアイスショーです。姉の浅田舞をはじめ、人気スケーターの出演も取り沙汰されていて、チケットのお値段も手頃なことからファンにとっては楽しみなツアーになりそうですね」(前出・スポーツ紙記者)

 そんな中、番組の終盤。現役生活を離れ、「何かやってみたいこと」について聞かれた浅田は、何と「狩りをしてみたい」と仰天発言。これには阿川も驚いていた。

「さらに浅田は、最終的な夢として『自給自足の生活をすること』と強調。阿川から『猟師の人と結婚した方が早いんじゃない』と質問されると『そういうのも考えている』とコメント。さらに『すべてやり切ったら山に行く』宣言していました。これにはネットで《真央ちゃん、地方においで》《何だか極めた人の生き方として新鮮さを感じます》と言った声から《純朴過ぎて、心配になる》といった声まで様々な意見が飛び交いました」(番組関係者)

 現役を引退して1年。浅田真央の今後には無限の可能性が広がっている。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング