天才テリー伊藤対談「里崎智也」(4)球界に戻るならばやはりロッテに!?

アサ芸プラス / 2018年4月6日 17時56分

写真

テリー 最後に、こちらはメジャーリーグですけど、エンゼルスの大谷翔平は?

里崎 うーん、ピッチャーに専念するなら10~15勝はできると思いますけど、打者でもいくとなると、まだどういうローテーションで起用されるのか、不透明すぎてわからないですね。

テリー ピッチャーの才能のほうが高いんですか?

里崎 いや、ピッチャーは結果を出しやすいですし、逆にピッチャーで勝てないと野手で打たせてもらえないですから。メジャーでDHとなると求められる数字もすごく上がるし、絶対に殿堂入りすると言われるプホルスが相手ですから、ハードルも高いですよ。

テリー DHの枠って1試合に4回だもんね。確かにその枠は、なかなかもらえないかもしれないよね。

里崎 僕はみんなが言うほど大谷の野手としての出場機会はあまりないと思いますし、あっても最初の数試合で結果を出さないと、もう使われないような気がします。だから、本当はDHがないリーグに行ったほうがよかったと思いますけどね。それなら4試合に1回は絶対バッターボックスに立てますし、二刀流もやりやすかったと思います。

テリー いやぁ、里崎さんとは、こうやって野球の話を何度もさせていただいていますけど、やっぱり解説が実にわかりやすい。それだけの目線を生かして、今後ユニホームを着る気はないんですか?

里崎 僕、提示する条件を飲んでくれないとOKしないですから(笑)。僕を雇う勇気があるチームがあるんだったら、喜んで行きますけどね。

テリー そんなに難しい条件なんですか。

里崎 バッテリーコーチだとしたら、僕はピッチャーとキャッチャー、つまりバッテリー統括コーチじゃないと嫌なんです。なぜかというと、野球界って意見が割れた時には年上の意見、もしくは監督との距離感が近い人の意見で決まるんですよね。例えば、キャッチャーが「クイックをもっと速くしてくれないと盗塁刺せませんよ。だからピッチャーは、もっとクイック練習したほうがいいんじゃないですか」と意見しても、ピッチングコーチのほうが年配で、「そんなことしてたらピッチングの質が下がるから、しなくていい」と言ったら、話はもうそれで終わりなんです。

テリー そうかァ。

里崎 バッテリーが統一した見解を持って戦っていくからこそ、ダメだった時でもその反省を次に生かせるじゃないですか。だから、バッテリーに関することは全部僕がルール。ピッチングコーチはこちらが指示した技術だけをちゃんと身につけさせてくださいね、というスタンスです。そういう立ち位置じゃないと、チームの力になれる自信がないです。

テリー なるほど。確かにそれをやるのは、なかなか難しいでしょうね。

里崎 まず100%受け入れられないです(笑)。でも、中途半端な仕事をしてストレスをためるくらいなら、最初からやらないほうがいいですから。

テリー そうなると、やっぱり古巣のロッテは、いちばん可能性が高そうかな?

里崎 いいですね、やりがいがありますよ。ロッテに入ったからこそ、今の僕がありますからね。

テリー じゃあ、今年の順位予想とあわせて、期待しちゃってもいいですかね。

里崎 いやいや、どちらもまだまだわかりませんからねッ(苦笑)。

◆テリーからひと言

 里崎さんの話を聞いていると「ジャイアンツ優勝」の希望が揺らいじゃうな(苦笑)。説明の一つ一つが的確だから、監督にも向いている気がするよ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング