「安倍政権に痛手」林文科相“個室ヨガ通い”でオーナー美女の艶グラビア発掘!

アサ芸プラス / 2018年4月25日 10時55分

写真

 森友・加計問題、自衛隊日報問題、財務事務次官ハラスメント問題。安倍政権は、いよいよ自民党内からも身の処し方を問う声も出始めている最中、今度は林芳正文科相がトホホな行動を暴かれた。4月25日発売の「週刊文春」が、林文科相が“マッサージ付きヨガ”に通い詰めており、公用車を私的に使っていたというのだ。

「このヨガは『ポジティブスターヨガ』といい、元艶系女優の庄司祐子氏がオーナー。他にも、グラドルからエイベックスでメジャーデビューした経歴のある斉藤未知などがインストラクターとして所属しています。林氏はあくまで自腹で、インストラクターを指名することはなく、食事に行ったこともないと、オーナーの庄司氏が明言しているようです」(芸能ライター)

 4月9日に放送された「出川哲朗とバリバリウーマン!」(フジテレビ系)に出演した庄司氏は、お客とLINE交換して、仲良くなったら食事に行くこともあれば交際に発展することもあると言及している。何とも妄想広がるこちらのヨガだが、オーナーであるこの庄司氏もなかなかの美貌の持ち主だ。過去には一糸まとわぬ姿で各誌面を賑わせており、「週刊アサヒ芸能」にも3度登場。艶肌を露わにしている。

「美脚に1億円の保険をかけたというフレコミで話題となった『スーパー・ラッキー・レッグス』の元メンバーとして、たわわなバストを薄桃色のトップまで完全披露。アンダーは漆黒の“蜜林”もさらしてします。別の号ではボディペイントでカラダに朝顔を描いた、芸術性のある姿で登場。また別の号では全身ローションにまみれたツルスベボディ。この頃から7~8年ほど経ったことになりますが、ヨガで当時のボディを保っているとすれば、今でも刺激的なグラビアができると思いますよ」(「アサヒ芸能」編集者)

 どんなに美女ぞろいでも、思わず公用車で乗り付けてしまう理由にはならないのだが。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング