恋愛解禁でいきなりソコ?剛力彩芽に浴びせられる“純愛感ゼロ”の声

アサ芸プラス / 2018年5月3日 17時59分

写真

 恋愛は自由。ましてやおたがいに独身同士なら周囲にとやかく言われる筋合いはない?でも、ここにきて“とやかく”言われまくっているのが、タレントで女優の剛力彩芽。数年前はCMにも映画にも出まくり、事務所の“ゴリ押し”タレントとして常に賛否の最前線にいた彼女も25歳。活動内容も落ち着きを見せ、所属するオスカープロモーションも「25歳で恋愛解禁」ということで、彼女にも浮いた話が出ても、確かにおかしくはなかった。ところが、さっそくキャッチされた熱愛相手が、ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作氏42歳だったことで、世間からさまざまな声、特に失望の声が大量に浴びせられているという。

「年明けに月刊誌『GOETHE』の現代アート企画で意気投合したそうです。前澤氏といえば、株式時価総額1兆円ともいわれる時代の寵児ですが、世間ではダルビッシュ投手の元妻で、タレントの紗栄子と浮名を流したことで有名。ですが、結婚も秒読みと言われながら突然破局したことで、紗栄子ともどもあまりいい印象を持たれていないまま時間が経過している。それだけに今回、まさかの剛力との年の差カップル誕生で“なぜ?”といった疑問の声があふれているようです」(女性誌記者)

 そんなネット上の声は剛力に向けられたものがほとんどで、「恋愛解禁ですぐにソコにいっちゃう?」「モデル好きの前澤氏に完全に遊ばれてるよね」「純愛感ゼロで好感度下がりました」「剛力さんに紗栄子と同じ生き方は無理だと思う」「IT長者と付き合ったらタレントとしてはもう終わりでは?」などといった声があがっている。車中デートで寄り添う2人は仲睦まじい様子だが、バツイチだった紗栄子と前澤氏が交際した時の状況と違い、まだ若い剛力の初ロマンスの相手にしては“そこじゃない”感が世間には充満しているように見える。

 前澤氏は報道を受けて「真剣ですよ!」とツイートしているが、この流れもすべて紗栄子の時とほぼ同じ。一方の剛力は、4月29日に更新した自身のインスタグラムで、報道を受け葛藤もあったが、自分の言葉で伝えるべきだと思ったという心情を吐露しつつ、こう綴っている。

〈友作さんは、まるで子供みたいにピュアな方です。仕事や会社や仲間を愛し、真っ直ぐで情熱的な姿は、どこか私の父親にも似ているなと感じる部分もあり、ひたむきで楽しむことを忘れない人柄にいつも勇気をもらい惹かれています。気づいたら年齢の差を越えて、お互いとても大切に思える関係になっていました〉

 剛力が“真剣に”遊ばれていないことを祈るしかない?

(小机かをる)

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング