丸山桂里奈「さらなるブレイク」確実視も“今そこにある危機”とは!?

アサ芸プラス / 2018年5月31日 9時59分

写真

 昨今、バラエティ番組出演が急増している元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈。 5月13日に日本テレビ系で放送された「行列のできる法律相談所」では芸人の山里亮太に突然の「告白」をし、27日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」でも「出演番組のディレクターに胸を見られた」と過激な言動を連発し、注目を集めている。

 そんな丸山について「今後、一層ブレイクすることはほぼ間違いないでしょうね」と評するのは構成作家だ。

「これまでも『“一晩四回”の』性的欲望を持つ『人気俳優と付き合っていた』と番組内で明かすなど、衝撃発言が話題になりましたが、制作側としては“確実にネットニュースになるタレント”として彼女は極めて貴重な存在です。順調にいけば、これからレギュラー番組も増えていくと見られています」

 今後のさらなるブレイクが確実視されている丸山だが、「キャラクター的に非常に不安な点もありますね」と同氏。

 いわば、丸山にとって“今そこにある危機”とは──。

「女芸人たちからの嫉妬ですよ。丸山が番組でオイシイところを全部持っていってしまうので、立場の近い女芸人としてはたまったものではなく“総スカン”の可能性すらある。今後は共演者の女芸人も活かしていかに番組内で“共存”できるかが彼女の課題となってくると思います」(前出・構成作家)

 タレントとしての実力が問われる時期に来ている。

(白川健一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング