1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

みやぞん、24時間マラソンランナー決定で発した“天然”で済まない「暴言」

アサ芸プラス / 2018年6月5日 17時59分

写真

 今年の24時間マラソンランナーは、お笑い芸人のみやぞんに決定! 6月3日放送の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)において、8月25~26日に放送される、同局の「24時間テレビ41 愛は地球を救う」のチャリティマラソンランナーに就任することが明かされたもの。

 そのみやぞんは芸能人離れした高い身体能力の持ち主としても知られることから、「24時間テレビ」では番組史上最も過酷なマラソンという試練を用意。それは何と初のトライアスロンだというのである。だがその発表シーンでみやぞんは暴言を口走ったという。テレビ誌ライターが指摘する。

「スタッフから『トライアスロンわかる?』と聞かれたみやぞんは、大きく手を振って『いや、知らないです。トライアスロン知らないです』と即答。これが二重の意味で暴言だというのです。一つにはオリンピックの正式競技でもあるトライアスロンのことを知らないと言い切ってしまったこと。そしてもう一つは、みやぞん自身が元トライアスロン選手と熱い戦いを繰り広げたことを忘れたのではという疑いですね」

 知名度の低いマイナー競技ならともかく、トライアスロンは2000年のシドニー五輪から正式競技となっており、日本人選手も毎回出場。日本テレビでも昨年11月にはスポーツ番組「上田晋也の日本メダル話」にて3週連続でトライアスロン選手を特集している。そのトライアスロンについて「知らない」と断言するのは、競技に対して失礼なのは明らか。そして「もう一つの暴言」について、テレビ誌ライターが続ける。

「みやぞんは、今年1月5日放送の『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で“タケノコ王”として知られるタケノコ農家の風岡直宏氏と丸一日にわたって七番勝負を争いました。その風岡氏は国内大会で優勝した経験を持つ元トライアスロン選手。大柄な体格と優れた身体能力をもち、テレビ出演の際には『トライアスロン』が枕詞になる人物です。その風岡氏と滝行やガチ相撲で対戦したみやぞんの口から『トライアスロン知らないです』と言葉が出たことには、市井のトライアスロン愛好家はガッカリしたことでしょう」

 みやぞんには高い身体能力に加えて“天然”という枕詞もつくが、トライアスロンについて無知を決め込んだ姿は、さすがに天然ではすまない“失礼”だったのかもしれない。

(金田麻有)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング