乃木坂46松村沙友理、ファンからの“リアル”なメールに激怒して称賛の嵐!

アサ芸プラス / 2018年8月4日 17時58分

写真

 番組MCの珍しいブチ切れも、ファンはしっかりと評価しているようだ。

 7月31日に放送されたインターネット番組「生のアイドルが好き」(ニコニコ生放送)で、番組MCを務める乃木坂46の松村沙友理、中田花奈がファンから寄せられたメッセージについて、怒りを露わにするシーンがファンの間で注目を集めている。

 問題のシーンは番組終盤でファンから番組に届いたメールを紹介したシーンでのこと。その投稿者は今回番組にゲスト出演していた乃木坂2期生メンバーの鈴木絢音が別仕事で両肩を出したオフショルダーの衣装を着ていたことについて触れ、「乃木坂ファンをざわつかせた“絢音ちゃんオフショル問題”についてのメンバーの皆さんの感想をお聞きしたいです。ちなみに私の感想は…けしからんもっとやれ、です」と、メンバーに感想を訊ねつつも、自身のリアルなコメントを添えたメッセージを送っていた。

 鈴木が衣装以外でオフショルダーの服を着用するのは珍しいことだっただけにそれに反応した内容だったが、当の鈴木もそういった感じでネットが盛り上がっていたことには驚いていたようだ。このメッセージについて中田は、投稿者の感想がメンバーを好色な目線で見ていることもあって、「(ファンは)反応し過ぎっちゃ反応し過ぎだよね、オフショルに対してね。ダサッて思っちゃう、(そういう風なことを)言う人に対して」「街歩いてたらいっぱいいるのに、家に引きこもってるの?あなたって思っちゃうよね」と、かなり厳しめな意見をぶつけていた。

 普段はおちゃらけたイメージの松村も「この『けしからん、もっとやれ』とか私そういうの嫌いだわ。めっちゃイヤ」と投稿者の感想に嫌悪感を示しつつ、「女の子はさ、そんなつもりそういうつもりで着てるわけじゃないのに。単純に絢音ちゃんにその服が似合ってて、たまたまそれがオフショルだっただけじゃん。絶対それ可愛いからさ、可愛いってホメてくれたらいいのにさ」と、見守る乃木坂メンバーもヒヤヒヤするほどの番組を忘れてのブチ切れを見せている。

 そのため、あわや放送事故といった空気が流れてはいたものの、ファンからは松村らの主張を支持する声も目立っており、「よくぞ、本音を言ってくれた」「俺も握手会での安易な発言には気をつけよう」「女子の立場としてはこういうふうに言ってくれて助かります」といった声が上がっている。

「松村が主張していたようにおしゃれ目的でオフショルダーの服を着用している人からすれば、不快極まりない発言であることは確か。女性の大半がこういった見方をされるのは嫌がるでしょうから、投稿者の言葉のチョイスが悪かったような気がします。それに乃木坂は今や男性だけでなく、女性人気も高いアイドルで、メンバーが専属モデルを務めるファッション雑誌を見て、ファンになる層も多いです。メンバーのファッションをマネても、このように異性に見られてしまうというのは女性ファンとしては悲しいことでしょうから、そういった立場を考えても今回このように厳しい意見を出しておくのも間違いではないでしょう」(アイドル誌ライター)

 ただ、衛藤美彩や秋元真夏であったり、こういったメッセージに対しても上手くかわせるようなメンバーもいるだけに、この投稿をしたファンもまさかここまでボロクソに言われてしまうことは想定外だったはず。

 女性の大部分が不快感を抱くような内容であったことは確かだが、あらかじめこのメールを番組で紹介する候補から外すことはできただけに今回に限っては番組スタッフの配慮不足か?

(石田安竹)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング