土屋太鳳、主演ドラマ「チア☆ダン」が低迷も撮影現場は“大盛況”だった!

アサ芸プラス / 2018年8月27日 5時59分

写真

 土屋太鳳主演の連続テレビドラマ「チア☆ダン」(TBS系)が視聴率で苦戦を強いられている。

 同ドラマは、17年に広瀬すず主演でヒットした映画「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」(東宝)をドラマ化したものだ。

映画の9年後が描かれるオリジナルストーリーとなっているが、視聴率は初回から8.5%、8.6%、6.6%、7.3%、5.5%、6.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低空飛行を続けている。

「内容は特段悪いというわけではないのですが、そもそも内容以前の問題として多くの視聴者が番組自体に興味を惹かれていないというのが実状でしょう。映画版では、学生など同世代の集客もあり、それなりにヒットしましたが、幅広い視聴者層を取り込まなければいけないテレビドラマとしては題材的に厳しい側面もあったと思います」(テレビ誌編集者)

 もっとも、幸か不幸か関係者からは絶大な人気を集めているとか。

「土屋さんをはじめ、人気若手女優たちがチアリーダーや高校の制服に身を包みダンスを披露していることもあり、『チア☆ダン』の収録現場はいつもスポンサー筋や広告代理店の男性社員が集まって大盛況です。撮影が進むごとに関係者を名乗る野次馬の数は増えていますよ」(TBSのドラマ制作スタッフ)

“現場”は相当盛り上がっているようだが、その熱が視聴者に波及する日は来るのか!?

(しおさわ かつつね)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング