社台王国の野望、騎手界に「黒船勢力」の導入

アサ芸プラス / 2012年12月21日 9時59分

 今や競馬界に君臨する巨大組織の地位を完全なものとしたのが、あの怪物種牡馬サンデーサイレンス。次々と高額馬を生み、社台の財力、影響力は拡大していく。一方で、その勢いに任せて騎手界に「黒船勢力」の導入を推し進め、反発を食らったことも─。

社台グループが競馬界で台頭し、今日の「社台一人勝ち」状況の礎を築いた背景には、種牡馬ノーザンテーストの成功が大きかった。

 その一人勝ちをさらに決定づけ、社台の地位を不動のものとした馬が出現した。94年に衝撃的な種牡馬デビューを果たし、あらゆる種牡馬記録を塗り替えた「怪物種牡馬」サンデーサイレンスである。

 サンデーサイレンスは、社台の創始者である吉田善哉氏が89年のブリーダーズカップ・クラシックを現地で見てホレ込み、「この馬に壮大な夢を託したい」と心に誓って入手した馬だった。

 事実、その期待はみごとにかなったが、善哉氏自身はサンデーサイレンス産駒の華々しい活躍ぶりを見ることなく、92年に亡くなってしまう。

 サンデーサイレンスという善哉氏の遺産、そして巨大事業を引き継いだのは、いわゆる「吉田三兄弟」と呼ばれる3人の息子、すなわち長男・照哉氏、次男・勝己氏、三男・晴哉氏だった。

 サンデーサイレンス導入に関しては、こんなエピソードがある。

「サンデーは、もともとアメリカで種牡馬入りする予定だったものを、1年以上に及ぶ長い交渉の末に、社台が手に入れたものです。EVA(ウイルス性動脈炎の予防注射)を打つと、日本の法律では輸入ができなかったのですが、それを打つ寸前で、照哉氏が止めたそうです。最終的には16億5000万円もの大金をはたいて手に入れましたが、向こうでは母系が弱いために2頭しか種付けの申し込みがなかったと聞きます。もし日本にやって来ることがなければ、あの馬の運命も変わっていたことでしょうね」( 生産関係者)

 こうして日本にやって来たサンデーサイレンス。競馬ファンなら誰もが知るように、日本の競馬界を激変させるほどの偉大な業績を残したが、その一つに、社台グループが中心になって98年に始めた「セレクトセール」がある。

 サンデーが種付けしてできた仔をセリにかけて、初回から1億円を超える取引馬を輩出。サラブレッド売買の形態を変える「流通革命」を起こしたのだ。

 前出・生産関係者はこう言う。

「日本のサラブレッド売買は、従来は庭先取引(牧場での、馬主と生産者間での私的な取り引き)がほとんどで、おなかの中にいる時から、買い手が決まっているような状況だったのです。ところが、それではなれ合いが生まれやすいし、新規参入者が参加しづらい。そこで社台は、誰でも買えるようにして、流通の活性化を図ったのです」

 結果、庭先取引の「価格の壁」と言われた5000万円を打ち破り、トップクラスの馬を1億円はおろか、3億円以上にまで引き上げることができるようになったのである。

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング