石橋VS石川遼(3)絶縁事件「アスリートが上」という序列

アサ芸プラス / 2013年1月8日 9時59分

 とはいえ、石橋の態度に問題がなかったというわけではない。テレビ制作会社スタッフが言う。

「とんねるずはスポーツ選手に対しては、対決と言いつつ、上から目線でイジッてきました。『俺たちの番組に出してやる』的なスタンスですね。言ってみれば勘違いした大物ですよ。もう全盛期は過ぎているのに」

 さらに、前出・テレ朝関係者は、とんねるずの置かれた立場について、こんな内情を暴露するのだ。

「もともとこの番組は、有名アスリートを“接待”するために企画されたもの。アスリートが会いたがる有名芸能人を起用するという趣旨で、とんねるずをブッキングしました。制作サイドも『まずアスリートありき』との序列意識がある。つまり、今回の収録でも本来、石川が上の立場で、とんねるずは下のポジションなのです」

 ところが石橋は、自分たちの“冠番組”だとの認識から、石川の態度に立腹。しかも、

「関東の芸人では、ビートたけし、タモリに次ぐ経歴と格。芸能人の共演者なら当然、気を遣わなければいけない大物になっている。それと、石橋はいわゆる取り巻きの芸人を持っています。おぎやはぎ、バナナマン、くりぃむしちゅーの有田など、『貴さん!』と持ち上げてくれる連中と一緒に行動することが多いわけで、気を遣われて当たり前の環境にいる。だから、一流アスリートが本業の合間を縫って収録に来ているのに、『俺を待たせるとは何事か』となるんです。バラエティの大御所にとっては、3時間待ちはありえない、と」(放送担当記者)

 こうしてブチ切れたまま開始となったゴルフ対決だが、案の定、石橋はひと言も石川とは口をきかず。木梨が大人の対応で、いろいろと気を遣ってとりなすも、機嫌は戻らなかったという。制作サイドとしては、あくまでアスリートの接待と関係構築が目的であるため、いかに高視聴率を取っているとはいえ、とんねるずが必ずしも必要ではない─。ただキレるだけの石橋とは違い、そんな事情をくみ取っている木梨だけに、コトを荒立てないようにしたのである。

 前出・テレ朝関係者が話す。

「石川はとんねるずや撮影隊を待たせたことに、悪びれる様子もなかった。というか、石橋を激怒させていることにまったく気づいておらず、最後までマイペースだったそうです。広告代理店や用具メーカー、マネジメント会社のスタッフなどで構成する取り巻きの『チーム遼』が常にくっついてご機嫌取りをしていたので、石橋の機嫌など気にもしていなかった」

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング