貫地谷しほりが「イケメン狙い」改め「ハゲ専」になった!?

アサ芸プラス / 2018年9月21日 9時59分

写真

 アラサー独身女優の貫地谷しほりにある“疑惑”が持ち上がり、ファンをざわつかせている。イケメン狙いをあきらめ、ハゲ専に転向したのではないか?というのだ。

「貫地谷は8年前、高校時代の友人で10年以上交際を続けているサラリーマンの彼氏がいましたが破局しました。そして2年前、舞台で初共演した小西遼生との2年ごしの熱愛が報道されましたが、双方の事務所が仲のいい友人という公式コメントを出して、立ち消えになって以来、浮いた噂はありません。28歳での結婚を熱望していましたが、はや32歳。家族思いで3世帯同居、日本に6軒しかない珍しい苗字のために、ムコ養子を取ると息巻いていたが、未だ実現していません」(スポーツ紙記者)

 そんな貫地谷が、9月13日放送の「VS嵐」(フジテレビ系)に、主演舞台の番宣でゲスト出演したが、一緒に登場したのは、トレンディエンジェルの斎藤司。美女と野獣、女優とお笑い芸人という接点のなさに疑問を抱いた嵐から2人の関係に質問が飛ぶと、貫地谷は「私が好きで、『斎藤さんがいいです』と指名したんです」と明かした。その後、番組の中でも、斎藤をべた褒めしていたのだ。

「何でも、共演した際、斎藤が『すごいやさしくて、ジェントル』だったことに感激した貫地谷がファンになったとか。で、昨年4月の安倍総理主催の『桜を見る会』で再会。貫地谷は斎藤工と3人で写真を撮った後、どうしても斎藤司との写真が欲しくて、斎藤工に頼みこんで撮影してもらった2ショットを披露していました。斎藤はキメのポーズ、晴れ着姿の貫地谷は恥じらいながらもとびっきりの笑顔を見せていた」(芸能ライター)

 斎藤は昨年12月にデキ婚、今年6月に娘が誕生後は、イクメンパパに大変身。独身時代はモテモテで女遊びする癖があったが、今や娘に首ったけでアラサー美女に誘われても、びくともしそうにないという。

「斎藤にご執心なのではなく、ピカピカ頭の男に弱いのかも?」と言うのは、前出のスポーツ紙記者。

「斎藤はプライベートの付き合いはないと予防線を張った一方で、貫地谷が相方のたかしとプライベートでカラオケに行くほど親密だと暴露していた。貫地谷の好みは、年上男性。男性の腕の筋肉フェチであることから、ゴリマッチョ系が好みだそうですが…」

 漫画大好きで恋愛に過剰な期待と理想を抱くなど夢見がちな貫地谷。結婚へのハードルはかなり高そうだが、“宗旨変え”が奏功する!?

(塩勢知央)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング