東大入試突破企画にも挑戦!グラドル小林恵美の芸能界引退をねぎらう声が続々

アサ芸プラス / 2018年10月6日 17時59分

写真

 グラドルの小林恵美が、9月30日付で所属事務所・サンズエンタテインメントを退所。芸能界を引退した。

 清楚で端正な顔立ちと豊かなバストが魅力の小林だったが、ブログで引退の理由を「また新しい夢を見つけてそこに向かって頑張っていくためにも、35歳で一つの区切りをつけさせていただくことにしました」と説明した。

 小林は元イエローキャブの代表取締役社長で、現サンズエンタテインメント会長の野田義治氏が発掘した逸材として2002年にデビュー。06年3月からの1年間は「ド短期ツメコミ教育!豪腕!コーチング!!」(テレビ東京系)の企画で東京大学の入試突破を目指したり、同じ事務所の小島くるみとお笑いコンビ「GLOBAL STANDARD」を結成し、「M‐1グランプリ」に挑戦して2回戦まで勝ち残ったりもした。

「しかし、押し出しの強いキャラではなかったため、厳しいようですが、淘汰されてしまったと言えるのでは。女優として2017年1月期放送の吉岡里帆主演ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)などにも出演していましたが、爪痕を残せなかったのも事実でしょう。昨年4月からは『バラいろダンディ』(TOKYO MX)にもレギュラー出演していたため、共演者の武井壮からはツイッター上で『恵美ちゃんお疲れ様 初めてグラビアで観た時なんじゃこの美女は!と衝撃を受けたけど、初めてバラダン(バラいろダンディ)で会った時は本物が写真より綺麗過ぎてその10倍ビックリしたのさ』『16年間ご苦労様でした 次の人生も素敵な時間を過ごしてね』とエールを送っています。ネット上には『引退するのは残念すぎる』『ずっと恵美ちゃんを見ていたかった』『芸能界は恵美ちゃんのキャラだと厳しいのかもね』といった声もあるようです」(女性誌記者)

 吸い込まれそうな瞳とバツグンのプロポーションという正統派美女だった小林。新しい夢を見つけて幸せになってほしいものだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング